冬の四万十を体感できるのは今だけ! 移住したい女子へ 2020新春お年玉企画

あけましておめでとうございます!
2020年、新しい年にはなにか始めたくなってワクワクしますよね。
今年こそ移住しよう!
田舎暮らしのできるあの場所に行ってみよう!

と、元旦に気持ちを新たにされた方も多いのでは?

まだ何も考えていない、という方も、まずはこの冬、四万十に来てみませんか?
1・2・3月の観光オフシーズンだからこそ、のんびり、ゆったり、だけどガッツリと四万十でできることがあります!

冬の四万十でしか出会えないもの&できないことベスト10

1.透明度の高い四万十川&黒尊川


いつだってキレイな川ですが、冬のころはさらなり。
夏のように台風で濁流になっていることもなく、風がなければ大きな四万十川に冬の澄んだ空がくっきりと映り込んだこんな光景だって簡単に撮れてしまいます!
時期:1~3月

2.ひんやりとした空気の中、冬の朝の散歩は格別

南国土佐と言われつつ、実は意外と寒い四万十。
だけど、冬の朝はやっぱり少し寒いくらいが日本の四季を感じられていいのかも? 寒いのに、陽が当たっている場所はぽかぽかとしていて、太陽のパワーってすごいと実感します。
時期:1~3月

3.雪が降ったら超ラッキー! 年に数回の幸運日

四万十には雪も降るんです。えー南国土佐だって聞いてたのに騙された!
だけど、年に1、2回しかない雪の日に巡り合えたら、それはとても引きがいいとしか言いようがありません。地球の温暖化が進めば、いつか四万十でも雪が降らなくなる日が来るかもしれないし。
時期:1・2月

4.掘り炬燵でのんびり やっぱり鍋かな

冬と言えばやっぱり炬燵でしょ!
12月には移住女子が集まって、鍋パーティーを開催しました♪
ミカンを食べつつ語り合ってもいいし、プロジェクターを出して映画を見てもいいし、ひとりでゆっくり本を読んだっていい。何する? 何したい?
時期:1~3月

5.そうだ 庭で焚火をしよう

家でぬくぬくするだけがあったまる方法じゃないんです。
冬は剪定後の枝がたくさんあるので、燃やして焚火をしつつ、芋を焼くのが定番。炎って見ているだけでなぜか癒されていきます。
時期:1~3月いつでも

6.剪定の技を身に着けよう

柿、文旦、梅、柚子、栗……畑にも庭にも裏山にもたくさん木が植えられているので、冬のあいだは剪定作業がなかなかあるんです。
剪定ばさみやのこぎりの使い方、脚立の上で安全に作業をするコツ、いくらでもお伝えします。女一人だし非力なんで(笑)、できない部分は作業性を工夫したり、近所のおんちゃんや男友達を頼ったり。でも私、意外と剪定作業きらいじゃないんです。
時期:1~3月前半

7.土佐の名産・文旦が食べごろ

12月中に収穫した文旦は、食べごろになる1月下旬から2月頃まで、刈った茅の下に保存しておきます。
せっせと年末に収穫しておきましたので、食べたい人はこの時期にどうぞ!
完全無農薬のほうったらかし栽培です(笑)
時期:1月下旬・2月

8.『ふきのとう』探して採って料理して食べて

畑の横にある『ふきのとう』エリア。今年もきっと生えてくるはず。子供のころは苦手だったあの独特の苦みが、美味しく感じるのは大人になったから?
ふき味噌も作っても美味しいし、揚げたての天ぷらは最高です。
時期:1・2月

9.春の種まきの前に、畑の準備

あったかくなったらすぐに種をまけるように、畑の準備は冬のうちに。そんなに広い畑じゃないですが、ひとりでやろうとしたらなかなか大変です。
管理機で耕してもいいし、地道に鍬を使ってもいいし。今年はどこに何を植えようか? そんな想像を膨らませながら、土作りも大事なお仕事。
時期:3月

10.見つけてください あなただけの冬の楽しみ

まさかのネタ切れか?(笑)いえいえ、私が個人的に楽しんでいることならまだいくつもあるんですけど、きっと、来た人だけが気づく、それぞれの楽しみ方があると思うんです。お餅をついたり、草鞋を作ったり、猪を食べたり、田舎らしいこと、まだまだあります。
冬の四万十を楽しめたら、過ごしやすい春秋はもはや楽園だし、暑い夏は燃えること間違いないです!


 

私たちの2020年のはじまりに 勇気と冒険を!

私も2020年はいろんなことに勇気をもって挑む年になりそうです。いや、毎年なんですけど、今年はますます楽しく本気で取り組んでいきます。

田舎暮らし、私だってまだ初心者に毛が生えたようなものなので、一緒に手探りでやっていける仲間がほしいし、最近ようやく色んな人とつながりができつつあるな、と感じているので、もし少しでも興味があれば、この機会に勇気をもって踏み出してみてください。楽しい冒険がきっと待っています!


 

新春お年玉スペシャル価格

  • 1月~3月の期間限定で、宿泊費のみでプチ移住プランを体験していただけます!(通常は宿泊費プラス体験内容によって別途料金が発生)
  • 通常は1週間からのプチ移住プランを、今回は特別に2泊3日で実施します!
  • 個室宿泊料金1泊6000円のところ、1泊4000円になります!
  • つまり、2泊3日8000円で、冬の四万十にプチ移住ができるというわけです(食費は別途)
  • さらに、もっと四万十で過ごしたい!という方のため、3泊目はプラス2000円で、4泊目はプラス1000円で滞在していただけます。
  • せっかく遠方から来られるなら、じっくり冬の四万十生活を満喫してもらいたいので、大盤振る舞いのこの価格です。

1月15日までのお申し込みで『桐島畑のジンジャーシロップ』プレゼント

新年なので!(笑)1月15日までにお申し込みされた、スピード感と勇気を兼ね備えた女子には、私もバイトに行っている有機農家さん『桐島畑のジンジャーシロップ』をプレゼントします!
原料は四万十の生姜と粗糖だけ。お湯で割ってホットジンジャーや、紅茶に入れたり、温めた牛乳で割ったり、いろんな方法で楽しめます。寒い冬には欠かせない一品です。女子に冷えは大敵!


お申し込み方法

下記フォームにて、期間内でのご希望日を第2希望までご記入の上、お申し込みください。
お申し込みは、ご希望日の2日前までにお願いいたします。
こちらから返信があるまでご予約完了とはなりません。

<期間>
(1)1月17日(金)~21日(火)
(2)1月31日(金)~2月4日(火)
(3)2月7日(金)~11日(火)
(4)2月14日(金)~18日(火)
(5)2月21日(金)~25日(火)
(6)2月28日(金)~3月3日(火)
(7)3月6日(金)~10日(火)
(8)3月13日(金)~17日(火)
(9)3月20日(金)~24日(火)
(10)3月27日 (金) ~31日(火)


お申し込みフォーム

四万十川と黒尊川の交わるところが見える時

9月も雨が多いですねー。

赤鉄橋から見える四万十川

↑の写真は去年の6月に大雨が降った後の四万十川です。

かろうじて奥のほうに口屋内沈下橋が見えているので、そこまでひどい増水ではなかったのかな。

橋がまったく見えなくなることもあります。去年7月の西日本豪雨のときとか今年のお盆とか。

見ていただきたいのは写真の真ん中、川の左端のほう。少しだけ、川の色が青みがかっているのがわかりますか?

ここが『黒尊川』の水が流れ込んでいる箇所です。

翌日の四万十川

↑は翌日、同じ場所から撮った四万十川です。
四万十川もかなり青緑になっていますが、写真中央、川の左側がより濃い青色になっています。

大雨で増水しても、黒尊川はすぐ透明なきれいな川に戻るので、色の違いがくっきりと分かれて見えるんです。

同じ日の黒尊川

↑同じ日、同じ時刻、黒尊川はすでにこの透明度。

天気が悪いとガッカリしてしまいますが、雨の日にしか見られない景色もあります! 雨続きのあと、晴れた時の気持ちよさは格別ですけどね。

黒尊川遊歩道を下りてみよう~12

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

最上流は堀切の遊歩道
上流には民家がないので、どこまでもきれいです
谷を下りていきます
水は夏でも冷たい
自然の中でこんな遊びも
どこから見ても透明な黒尊川

場所は地図の12の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~11

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

「トドロ遊歩道」の名のとおり、轟くような流水音
谷へと下りていきます
抜群の透明度
涼しくて気持ちのいい木陰がありますが、とにかく水音が大きい
入り口には大きめの看板があります
近くに少し広い場所があるので車を停めるには◎

場所は地図の11の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~10

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

普段は人がほとんど足を踏み入れない場所
上流ほど透明度が高い
天気がいい日には最高です
浅いけれど流れの速いところも
看板は木々と同化しているので見逃し注意
神殿橋まで7.6キロ

場所は地図の10の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~9

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

水の流れはおだやかです
大きな岩あり
道幅が広く、歩きやすくなっています
河原も広々
旧奥屋内小学校のすぐ近く。カーブミラーが目印

場所は地図の9の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~8

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

みずみずしい苔があっちこっちに
山に囲まれてのんびり
河原も広々としています
道からは竹藪がいい感じに目隠しに
左の石はいったい誰が積んだのか
ポイ捨て禁止!

場所は地図の8の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~7

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

上流は水の透明度もさらにアップ
看板、見つけられますか?「奥屋内下遊歩道」
急斜面なのでロープをつたって上り下り
なかなか人もこないのでプライベートリバー
夏の川辺はコントラストが強い

場所は地図の7の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~6

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

道路からちょっと離れているので静かで過ごしやすい場所
下りていく道もわかりやすい
比較的浅い
こんな遊びも♪
玖木集会所のすぐそばでわかりやすい

場所は地図の6の箇所↓

黒尊川遊歩道を下りてみよう~5

四万十川の支流のなかで最も透明度が高い黒尊川。
その黒尊川沿いにある12の遊歩道看板のある場所を紹介しています。
写真は2017年春~夏頃。

自然に同化しすぎている看板
携帯電話の電波が届きにくい
存在感のありすぎる漂流物
流れもかなりおだやか
木陰を下りていきます

場所は地図の5の箇所↓