現役高知大学生の田舎暮らし~オキオカ移住女子インタビューライブ・第5弾

このライブ配信では、オキオカオーナーの高濱望が、生き生きと暮らしている先輩移住女子にインタビューをして、こんな生き方もあるんだ!と、これから移住したい女子にワクワクをお届けしていきます。

8月26日(水)20:00~ Facebookページでオキオカ移住女子インタビューライブ・第5弾を配信しました!

ゲスト:三谷 七香(みたに ななか)さん
高知大学地域協働学部4回生
大阪の京橋という飲み屋街で生まれ育った都会っ子は、
大学進学を機に高知県に。
3年間の実習で出会った土佐町いしはらに惹かれ、今年4月にお引越し。
田舎暮らし中!

ライブ配信アーカイブはこちらで見れます↓


<インタビュー内容の一部をご紹介>

初めて行った石原で「大阪のおばちゃん」っていうあだ名がついた(笑)

[インタビュアー:高濱望(以下:望)] まず自己紹介をお願いします!

[ゲスト:三谷七香(以下:七香)] 高知大学の地域共同学部の4回生になります、三谷七香です。よろしくお願いします。出身は大阪市内で生まれ育ちました。今は4年生になる春に、土佐町の石原というところに移り住んで、5ヶ月くらいが経った感じになります。よろしくお願いします。

[望] 高知大学の現役大学生です。ワオ! って感じだよね。そもそも高知の大学を選んだのは何か理由があるんですか?

[七香] 理由は、地域共同学部に入りたくてという単純な理由なんですけど。

[望] そこを一本狙って。

[七香] 一本ですね。AO入試だったので、一応勉強をしつつ、AOが10月くらいにあったのかな。それを受けて受かったという形に。

[望] 地域共同学部のどんなところに惹かれたんですか?

[七香] 元々は座学、座って勉強するのも結構好きなんですけど、体を動かしながら学ぶというのがいいなと思ったので、600時間あるんですよ実習が。あまり想像がつかないと思うんですけど、週に1回現地に出向いて、地域の人たちと活動するみたいなことがあって、そこが一番惹かれました。

[望] 地域というのは石原と決まっていた感じ?

[七香] そうです。一学年に7つくらい実習地があって、それを1年生の後期から2年生にかけて選ぶという。

[望] 地域に入る実習に惹かれたというのは、そういう田舎に興味があったから?

[七香] 興味はありました。田舎というよりかは、町おこしみたいなものに興味があって、結構実家も大阪市内だし、おじいちゃんおばあちゃんも大阪市内なので、田んぼとか田畑とかが無いところで育ったので、色んな希望の理由があるんですけど、田んぼのあぜ道を全力で走り回りたいみたいな。というのも一つ書きました。めっちゃ子供やな~と思いながら。

[望] 夏休みの子供やな。

[七香] 一応書いて、そういう気持ちもありました。やったことがないというか。

[望] 本当の田舎での遊びとかも。

[七香] 無いですね。そういう気持ちもあって。でも田舎が好きでしたね。良いイメージはありました、田舎に対して。

[望] 実際に行ったことはあまりなかったけど、憧れみたいなものがあったってことだよね。

[七香] そうですね、あまり行ったこともなく、田舎っていう田舎は。

[望] そういうことと関わりながら学びが出来るのが、高知の大学だったということ。

[七香] そうですね。

[望] 面白いね。そうか、私も地域おこし協力隊だったけど、そういうことよね。そういうのを大学で出来る。

[七香] そうですね。

[望] その石原という地域に通いだしたのか週一で。内容自体はどうだったの? 憧れもあったわけじゃん。実際入ってみて、全然知らんわけじゃん。地元の人とかと関わったりする?

[七香] ありますあります、もちろん。

[望] イベントをやったり?

[七香] イベントとか、集落会なんかにも出ますし。印象的だったのが、私さっきも言われたんですけど、大阪ってすぐ分かるみたいで。一発で行って初対面で初めましてって。で、なんやかんやして帰ったんですね。帰るときには「大阪のおばちゃ~ん!」っていう、あだ名がついたって。

[望] おばちゃんかぁ。

[七香] 次はヒョウ柄着て来てや~みたいな感じで言われたんですよ。

[望] コテコテのおばちゃんのイメージがね。

[七香] イメージがそうなってしまって。それを覚えていますね。すぐ馴染めたというか。

[望] それはキャラクターもあるんだろうね、七香のね。いいじゃん。

[七香] はい、そんな感じです。

石原の魅力は人! そして何でもやろうよ! みたいな空気感

[望] じゃあすぐに地域に馴染んで、週一で通って、今住んでいるわけじゃん、石原に。それは何でというのも変だけど、どういう理由があってそういう流れになったの?

[七香] 一つ大きくあるのは、大学って4年間ある中で、実習というか地域に出て学ぶのが、1年生から3年生の間なんです。4年生は卒論とか、実習というものは無くなる形なので、石原とは3年生のときにお別れじゃないけど、これで終わりますみたいなのがあったんです。
そうなったときに、実習と並行して研究というか、論文を書くのが1年生の頃からあって、それもフィールドを石原にしていたというのもあるので、4年生も引き続いて石原でやろうみたいな気持ちがあった中で、結構実習が終わって、でもまた石原熱みたいなのがある中で、論文も石原で書くし、住むのもアリじゃないかなというのがありました。

[望] 住むのにあたって、どうしたの相談とか。

[七香] 元々石原の中でも若い世代というか、40代50代くらいの。

[望] ああ、若い若い。田舎の若いはそれだよね(笑)。

[七香] 若い世代の方たちが居るんですよ。その人たちと一回会って話したときに、引っ越す引っ越さないとかそんな話はなく、会ったときに、石原で今こういうことをこの方たちは考えていて、こういうことをしていきたい。けど、人手も少ないしっていう中で、結構大変な部分があるみたいな気持ちを聞いて、そこで手伝うじゃないけど、一緒に出来ない? みたいな声もありつつ、私が一緒に何かしたいなという気持ちもあって、じゃあ住もうかみたいに、何かなったんですよね。

[望] 通うよりも住んだ方が早いなあみたいな。

[七香] 一応市内から車で1時間かかる距離なので、もちろん住むとき車とかも持ってなくて、通うってしたら結構大変なのかなって、学生にとっては。だからそれだったら、住んじゃおうみたいな感じになりましたね。

[望] いいね、その勢い。

[七香] 地域の人も落としに来ていたかもしれないですね。この若いやつを捕まえたら~みたいな。今後の石原地区変わる~みたいな、分からないですけど。

[望] それは七香に来てほしいなっていうことが。

[七香] 多少はね、あってくれて。

[望] そんな石原の魅力みたいなのは何ですか?

[七香] 魅力……これが一番の、ずっと1年生から通っていて、3年生までで、結論が出なくて。魅力、やっぱり人! って答えちゃう。でも人って安易じゃんって言われるじゃないですか。

[望] でもそこになるよね。

[七香] 結果そうなんですよね。色んな食べ物もあるし、もちろん自然も良かったりとか、あとは空気感もあるかな。人ということにプラス空気感。何でもやろうよ! みたいな空気感があって。結構行動的な人が多いのかなあというので、そういうところに惹かれたというのがあります。あとは歳とか関係なしに、一対一。人と人同士の関係という。そういうのは嬉しいですね。人がとにかく良いです、石原の人は。

[望] おお、素晴らしいね~。

[七香] みんな色んなところで良い人絶対居ますけど。

[望] 空気感とかも、人が作っているわけじゃん。そこに住んでいる。行動的だったりっていう。やっぱりそういうエリアなんだろうなあ、元気なエリア。

[七香] 結構やっぱりおじいちゃんおばあちゃんが多いので、母数的には。だから、日常をおじいちゃんおばあちゃんと、んん~って感じで。

[望] それもいいよね。空気感もね、人、空気感、いいね。空気感とか本当に実際何回も通ったり触れ合っていないと分からないからね。

[七香] そうですね。でも印象も良いかもしれない。

[望] 第一印象?

[七香] ノンちゃんさんの言った逆になるけど、何回もずっと通ってったりしたらやっと分かってくる空気感もあるけど、ファーストインプレッションで、何か明るいぞ! って。何か迎えいれてくれているみたいなのはあるのかもという気持ちはあります。結構寛容なんですかね、人が来ることに対して。

[望] それは本当に地域性あるもんね。でも高知は全体的に本当にウェルカムだと思う。

[七香] 県民性が素晴らしい。

[望] ありがとうございます、高知県民本当にね。

地元の人と外からきた人 チームでつくるラー油とお茶

[望] そんな感じで石原に住んでいるわけですが、今日ラー油を貰ったんですよね。出す? 見せよう見せようせっかくだから。

[七香] もう食べちゃった。

[望] 開けちゃったんだけどさっき、米ナスに乗っけておいしく頂いたんですけれども、今七香が地元の人たちと一緒に作っているラー油が、こちらです! これはどこで買えるんですか?

[七香] これは、土佐町内の道の駅。「道の駅さめうら」という場所と、本山町にある「さくら市」というところと、石原の中にある「さとのみせ」という生活店舗があるんですけど

[望] バイトしているところね。

[七香] そこで買えます。

[望] それ食べたいって、コメント来てるやん。

[七香] 食べてくださいこれ、めちゃめちゃおいしいですよ。

[望] 通販とかやったらいいんじゃない? 東京の人が食べたいって言ってんだもん。

[七香] そうなんです、そこなんですよ次。最近、最近というか、これ系(パソコン)出来ないんですけど。

[望] 大学生なのに?

[七香] 始めようと思っていて、オンラインショッピングみたいな、無料で出来るやつがあるみたいで。

[望] BASEとかかな。

[七香] そうです。まさしくそういうので、それもちょっと教えてもらって、石原のものも売れたらなって。

[望] 素晴らしい素晴らしい。

[七香] 東京に行っても食べてもらえるように。

[望] いっぱいきっと地元とか外に出て頑張っている人たちも気にかけてくださっているので、こうやってね。是非、是非。

[七香] これは石原のお母さん方、お母さんというか女性二人と私が作っているんですけど、高知市内にあるサウスブリーズっていうホテルと最初はコラボして作った形になるんですよ。なので味も本格的で、シェフが監修したので。

[望] 本当おいしかったです。

[七香] 結構でも辛いですよね。

[望] 私結構辛いの苦手なので、ビビりながらつけていたんですけど、でもおいしかった。

[七香] これのせいで太りました最近。

[望] ごはんに乗っけてね。

[七香] 私白米が好きなので、もうダメなんですよね。

[望] エンドレスでね。

[七香] めちゃめちゃおいしい。是非皆さん白米と。

[望] 白米とラー油。

[七香] 最初はね、食べてください。

[望] 是非是非、ということで、宣伝?

[七香] という宣伝でした。挟んでくる感じ。

(コメントで「オススメの食べ方は?」という質問が)

[望] まさにオススメの使い方が、白米です!

[七香] それは単純すぎる。でも白米にプラス生卵おいしいって言いますね。ちょい足し。結構ガッツリ乗せても辛さに慣れてきたらイケるかもしれない。

[望] さっき面白いこと言っていたよね。作っているおばちゃんが辛いの苦手なのに、作っているうちに食べられるようになっちゃって。

[七香] 最初作っているおばあちゃんも60後半くらいのおばあちゃんが、辛いの苦手って言っていたんですけど、作り始めて余るんですよね。だからそれをお持ち帰りしてみんな食べるんですけど、それを食べているうちに、なんと辛いのが好きになったっていうね。素晴らしい。

[望]  というわけで、食べたいって言った人は、今度七香がショップを作ったら買ってください。

[七香] イェ~イ

[望] さっき何かを聞こうと思ったの忘れちゃった。ダメだ(笑)。

[七香] 何をしてるか今。

[望] そう。まあ何をしているかっていう話で今ラー油の話も聞いたんだけど、他にメインでこういうのをやっているよっていうのはある?

[七香] 基本は今「さとのみせ」っていう生活店舗が唯一あるんですけど、320人なんですよね、石原っていう地区は、人口が。今320人なんですけど、その中に生活店舗があって、そこで一応アルバイトを週3程度でしているのと、あとはこういうラー油の商品に携わったり、最近お茶を作りたいという地域の人がいまして、その方と一緒にお茶を作っているという。そのお茶も、普通の新茶とかそういうお茶じゃなくて、葉っぱ。柿の葉とか。

[望] 桑の葉とか。

[七香] イチョウとか。

[望] イチョウもいける?

[七香] いけます意外と。杉の葉とか。そういう葉っぱ、身の回りにあるものを採取してお茶にするというのをやっています。結構女性の方の気持ちも素晴らしくて、身の回りであるものを活用するというのも一つだけど、おばあちゃんとかが気分転換に採取して、もしそれが商品になって売れたりしたら、お金がお小遣い程度かもしれないけど貰えるじゃないですか。
そういう石原になったらいいなあという気持ちもあるみたいで、すごいそれに共感をして。めっちゃいいじゃないですか。やりましょうみたいな。

[望] その人は地元の方なの?

[七香] 地元。でも結婚してこっちに来たので元々大阪の方で、その人も。50歳くらいですね。50の後半くらい。

[望] 大阪人同士で、いいやんええやん! みたいになって?

[七香] そうですよね、商売人の気質があるんでね、両方とも。めっちゃいいやん! やろうやろう活用しようよ! みたいな、何でもあるもの活用しようよみたいな、最初はそういうテンションですね。

[望] 勢いは大事ですね。しかも一人だったら途中でくじけそうになるけど、二人でやればそのまま二人、片方が「あ~」ってなっても「いけるよ~」って出来るから、いいね。

[七香] ずっと石原で暮らしている人なんかは、お茶なんか自分のところで採集して、やかんで沸かして飲んでいるじゃないですか。でもその葉っぱのことも詳しくて、だからすごい頼もしい方々が何人もいて、そういう人たちと今ひとつのチームになってやっている状態で。知識が違いますね。日頃からの蓄積なんでしょうね。

[望] 当たり前みたいにやっているんだよね。

[七香] それを一つ一つ、そうなんやあとか、マジっすかそれみたいな、大丈夫? みたいな言いながら、ときには一緒にやるっていう。

[望] お茶は商品化はいつとか決まっているんですか?

[七香] 10月19日に市内の蔦屋書店で地域マルシェみたいなのをするみたいで、集落活動センターがそれぞれある中でのマルシェを開くみたいで、そこで一応販売に向けて今頑張っています。

[望] すぐやん多分、秋って。

[七香] そうなんですよ、結構すぐなんですよね。今ブレンドとかそういうの考えていて。

[望] パッケージも考えていてとか、そういうのがね。

[七香] デザインとか、そういう感じで。

[望] 楽しそう。

[七香] 何かでもやっとですね。

[望] そうだよね、コロナでダメだったもんね。その辺の話も聞いていきたいかなと。4月に引っ越したけど、すぐコロナのことがあって、お店自体が出来なかったんだっけ?

[七香] そうです。「やまさとの市」っていう、週に1回日曜日に直販市みたいなのを開くんですけど、それがやっぱりダメ、中止ってなって、やっと8月23日(日)に再開出来たんですよ。それが、結構地域外の人たちが来るところにもなっていて、地域内の人たちも食べに来て交流する場みたいなのもあって、そこが好きなんですよね。引っ越して、実習生のときには無理だった製造の過程とかも、張り付いて見たいなって感じでいたんですけど、結局それはちょっと市自体がやっていないから無理で。
でもやっぱり、外から人を呼ぶのも無理っていうのもつらかったし、地域内でも集まったらダメみたいなのがあったので、それがやっぱり寂しいですよね、人と集まらなかったら。

[望] 確かにね、みんな家に引きこもって、それこそ、まあ畑とかには出ているけど、やっぱりみんなでワイワイして飲むとかね。そういうのが……。

[七香] なかったので、それはちょっと、マジかぁって感じですよね。田舎の良いところでもあるじゃないですか。みんなで何かあれば宴会して、イェーイみたいな。

[望] わかる。

[七香] それもなくなって、寂しかったかなあというので、ありますね。

[望] この辺の周りのおんちゃん達もシュンってしてたね。


[望] Facebookグループ、石原のさとのみせ?

[七香] さとのみせ、盛り上げたいですか?

[望] そうそう、グループあるよね。あれ何故か私入っているんだけど。

[七香] 一応、力になってくれそうな人を先生がピョンピョンピョンってやったんで。

[望] そういうことなのか。別に普通に入っちゃっているんだけど、何かアイスのランキングとかやっているんだよね。

[七香] ネタが、それも生協のパクリなんだけど、大学の生協さんがやってくれていて、結構学生が多いので、何十単位で動くんですよ、一日。800vs600みたいなすごい戦いなんですけど、800個売れました、こっちは600個。

[望] あ、売り上げでか。

[七香] そうそう、売り上げ個数で戦っているんですけど、さとのみせはちょっとしか上がらないんで(笑)。

[望] まあそりゃそうだよ。でもそれさあ、一人がもしこのアイスを1位にしたいって思ったら、一人が10個くらい買い占めればポーンって上がるわけじゃん。

[七香] もちろんそれをやって頂くためのものなんですけど。

[望] 推しアイスをランキング上げたい。

[七香] でもFacebookで繋がっている石原の人は、1位に栗入り小豆最中っていうのが1位なんですよ、前回王者が。

[望] 結構渋くない?

[七香] 前回王者が1番好きらしくて、僕行ったらそれ買うっていうのは教えてもらったことがあります。すごい嬉しくて。だから買ってください。宣伝ばっかり。

[望] いやいや、大事大事。そんな感じで頑張っていますよ。色々……今年はどこも、口屋内もね、うちの地域も花火、夏祭りで上げていたんですよ。ここも100人くらいのために花火上げてたから、贅沢なことよ。でもやっぱり今年は夏祭りも無くなったらねえ。

[七香] 花火も上げたらいいやんみたいな感じで私なんかは思っちゃったけど、よくよくちゃんと考えたら、それを聞きつけて集まるんじゃないかとか、見るときがどうなんだみたいな話もあって、難しいですよね。

[望] 難しいよね何でもね。まあでも、諦めずに色んな方法でやっていけたらいいよね。という感じですよ。

商品作るだけじゃなくて、それに何の意味があるのかを発信していきたい

商品作るだけじゃなくて、それに何の意味があるのかを発信していきたい

[望] 今後ですよ。今後は、4回生じゃん?

[七香] もう半期過ぎましたからね。

[望] もう夏だからね。で、まあ10月のお茶の販売とか色々やることもあるわけじゃないですか。ここからどういう風に目指すところというか。

[七香] 目指すところ……。

[望] そんな悩まなくたって。とりあえずここからどうしていこうかなみたいな。

[七香] ここからですね……重大発表になるのかな。

[望] ここで言ってもいいの?

[七香] 全然大丈夫ですよ。

[望] じゃあどうぞ。

[七香] なんと、なんと、そっか~って思う方もいらっしゃると思うかもしれないですけど、休学することになりました。

[望] ワ~~! ワ~なのか? まあでも、決断ですよね。

[七香] そうですね。というのも、もう少し石原を見たいというのがあって、やっぱりコロナで通常運転じゃないところの石原に飛び込んで、生活自体は満足しているんですけど、何かを成し遂げるとか、何かを一緒にやるみたいなことは出来なかったので、もうちょっと学生の立場で石原に関わりたいなというところで、休学というものを使わせて頂きました。

[望] 学生のうちにしか出来ないことってあるだろうし。

[七香] 休学して、もうちょっと石原見て、商品とかこういう作るのもすごく好きなのでいいんですけど、作るだけじゃなくて、それに何の意味があるのかという地域のためにそれがどうなっていくのかっていうところがやっぱり大事だと思うので、でもさっき言ったような女性の考え、地域におじいちゃんおばあちゃんがお金を貰ったら嬉しいんじゃないかとかって、そういう考えを持っている方がいるので、そういうのを発信をしていく、見える化ですよね、していくっていうのは、やっていきたいなという風に。
何かやっているぞあいつらだけじゃなくて、これって回り回って石原を考えてやっているとかっていうのが伝わったら、また違った石原での団結が出来るかなという感じで思うので、何か意味を持ってやっていきたいですよね。石原のためにだけど、自分のためにですよね。

[望] やりたいことをそういう風にやって、すごい。

[七香] 初めて休学する学生たちの気持ちが分かりました。何で休学するんだろうとか思っていたけど。

[望] いいね、志のある休学で。

[七香] 攻めの休学、出来たらいいですよね。チャランポランにならないように。

[望] でも七香は喋るの得意だから、それこそテレビとかもあるけど、こういう風に自分でライブ配信とかどんどんしていったらいいと思う。

[七香] ノンちゃんさんすごいですよね、このライブ配信。

[望] いや、これは私実際ほとんど喋ってないから。話聞いているだけなんで。

[七香] あれ、気付いた、言っちゃった。

[望] でもそれが目的というか、色んな人の色んな話を聞いて、発信するっていう、私はそういうつなぎ役をこれではやっていて、もちろん私も発信するんだけど。

[七香] つなぎ役の人がいないとこうやって出られなかったので、ありがとうございます。移住とか考えている人いっぱいいるでしょうね。めっちゃオススメしたいのが、ノンちゃんさんのオキオカ、めっちゃ綺麗です! そこ? ってなるかもしれないけど、やっぱり田舎に来て寝泊りするってなったら、女性だったら特に清潔感のある綺麗なところの方が絶対いいじゃないですか。すごい今日はもう泊まるのが楽しみで。

[望] ありがとうございます。

[七香] 話してくれるオーナーさんも居るので、1回来て話してみるみたいな、絶対いいと思います。

[望] 上手いね。

[七香] えっ?

[望] 上手だなあと思って。家は大事ですからね。

[七香] 家は大事ですね。

[望] そんな感じで、頑張りましょう。本当七香もこれから楽しみですね。

[七香] また出るかもしれないですね。何回出んねんみたいな。

[望] その後どうなったの? みたいなのは聞きたいよ。それはやっぱり、是非是非。

[七香] 何か話せることがあるように、日々頑張って参ります。

[望] 新商品の番宣とかね。

[七香] あいつめっちゃ商品作るやん! みたいなね。ぜんぜん売れてない人みたいやん(笑)そうならないためにも、みなさんよろしくお願いします。

[望] それまでに私ももっとこのライブ、色んな人に見てもらえるようにしたいと思います。


以下の3ステップで登録を済ませておくと、インタビューライブを手間なくお楽しみいただけます。

1. 移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」Facebookページに いいね!

2. メルマガ『オキオカ移住女子からのお便り』に登録
※ライブ配信やアーカイブ動画配信のご案内、ライブでは話さなかったここだけの裏話も!

3. LINEに友だち追加する
※質問やご感想もこちらにいただけると嬉しいです♪

「移住したい人のお悩み4つ」1位にお答え!ライブ9/27(日)20:00~

移住したい人のお悩み4つ

こんにちは!
高知・四万十の移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」の高濱望です。

昨日のライブの中で「移住したい人のお悩み4つ」を集計してランキングにしてお伝えしました!

結果は…

  • 1位 何から手を付けたらいいのかわからない! 13票
  • 2位 仕事さがし 12票
  • 3位 人間関係 11票
  • 4位 空き家さがし 3票

意外にも、私がいちばん苦労した空き家さがしは4位!

上位3つは接戦でしたね。

昨日のライブの中では、4~2位までは私なりの解決方法とか私のまわりの方のやり方とかをお伝えしました。

空き家に関しては「もしかしてみなさん、不動産屋に行けばいいと思っていませんか? 田舎には不動産屋がなかったり、あっても山の中の古民家などは扱っていないことがほとんどです。すぐに住める空き家が見つからないことも…」というお話をしたら「え!?」という反応でした。

空き家いっぱいあるよーというのは事実なんですけどね。

気がつけば一人で1時間もしゃべり続けるという熱いライブになりました。

「高知に住みたくなりました!!」というお声もいただいて、本当に嬉しかったです。

「移住して良かった!」これだけは私は自信を持ってハッキリと言えるので、もし一歩を踏み出せない方がいるなら、できるかぎりの後押しとサポートをしていきますよ♪

さて、1位についてはお伝えする時間がなかったので、次回9月27日(日)20:00~

Facebookグループ『移住女子のための3夜限定オンラインシェアルーム』

内でお伝えします。

移住が気になっている女性限定ですが、ちょっとでも興味があればお気軽にご参加お待ちしていますー

すでに参加リクエストもいただいてます♪楽しみ!

3夜限定となっているのは、移住したいあなたにお伝えしたいことがあるので、3回にわたってライブをしていきます。

明日の夜は第0夜。秋の夜長のおともにしてくださったら嬉しいです^^

『移住女子のための3夜限定オンラインシェアルーム』プレオープンライブ 9/25(金)20:00~

先日は一番のお悩みや不安に思っていることを教えていただき、
ありがとうございました!
いろんな答えを見せていただきながら、
たぶん今、みなさんが一番求めているのはこれじゃないかな!?
と、ひとつの答えにたどり着いたので発表します↓

女子のための3夜限定オンラインシェアルーム』(無料)
オープンします!!!
https://www.facebook.com/groups/okiokashareroom202010/

オンラインシェアルーム?どんなことをするの?
て言うか、みんなの悩みはどれが一番多かったの?
気になるあなたに、9月25日(金)20:00〜、ライブで詳しくお話しますね。

女子じゃない人もたくさん答えてくださっていたので、
今回のライブでは誰にでも共通するようなお話もしていきます~
(前提として女子って書いてなくてごめんなさい。
でもいろんな方の想いを聞けてよかったです!)

オンラインシェアルーム プレオープンライブ
日時:9月25日(金)20:00~
場所:高濱望のFBタイムライン
リマインダー設定を、ポチッとお願いします^^

四万十川を上から下へ元気に駆け回る~オキオカ移住女子インタビューライブ・第4弾

このライブ配信では、オキオカオーナーの高濱望が、生き生きと暮らしている先輩移住女子にインタビューをして、こんな生き方もあるんだ!と、これから移住したい女子にワクワクをお届けしていきます。

8月20日(木)20:00~ Facebookページでオキオカ移住女子インタビューライブ配信・第4弾をしました!

ゲスト:丸石 あいみ(まるいし あいみ)さん
広島県出身。2018年に高知へ移住。
地域おこし協力隊として道の駅「よって西土佐」の鮎市場で
四万十川の漁業に携わった後、
現在は「公益財団法人四万十川財団」で四万十川を
上下(かみしも)しながら活躍中!
今も日曜日には鮎市場に出没しているらしい。
https://www.shimanto.or.jp/
https://yotte.jp/

ライブ配信アーカイブはこちらで見れます↓


<インタビュー内容の一部をご紹介>

[インタビュアー:高濱望(以下:望)] まず自己紹介をお願いします!

[ゲスト:丸石あいみ(以下:あいみ)] 広島県出身の、望さんと一緒なんですけど、広島県出身の27歳です。丸石あいみと言います。今は四万十市で地域おこしやっていたんですけど、ちょっと色々ありまして、任期早めに終わり、4月から四万十川財団というところで働いています。ちょっと遠いので、引っ越して今は隣の四万十町の十和というところに住んでいます。そんな感じですかね? 

[望] そんな感じ、ありがとうございます。自己紹介、いいんじゃない? 高知県に住んでいる人は分かるけど、四万十市と四万十町は別自治体なんですよね。混乱する人居るから。

[あいみ] 全然分からない、私も来たとき「えっ! 四万十って2つあるんだ」って思って。四万十取り合ってみたいな。

[望] 隣なんだけどね。全然違うっていうね。

[あいみ] 隣の隣に移動しましたけど。

[望] だからある意味、まあでも遠いな、四万十。四万十町も広いんですよね。というわけで、でも同じ四万十だから、いいんだよ。

[あいみ] 一応、名前はついている。

[望] 何だかんだで、丸ちゃんとこの間も江川崎で会ったりしたしね、偶然。

[あいみ] うん、道の駅で会うのが多いですよね。

[望] 辞めてからも日曜日は鮎市場でアルバイトをしているという、そんな、凄いよなぁ、パワフルだよね。

[あいみ] いや、しんどいですけどね(笑)。

[望] さっきもこれ始まる前も色々話をしていたんですけど、今日はそんな丸ちゃんに話を聞いていこうと思います。

[あいみ] はい。

インタビューライブの様子

東京で働いていたら、一本釣りされて高知へ!?

[望] 最初に移住……さっきも私は移住じゃないと言っていたけど。

[あいみ] 言ってない(笑)。そういう感覚じゃない。

[望] でも移住、そうね。引っ越しでもいいけど、移住をしたきっかけ? 高知に来ることになったきっかけを教えてもらえますか? 

[あいみ] きっかけは転職なんですけど、ハッキリ言ったら。前やっていた仕事が6次産業をやっている居酒屋で、上司から直接買い付けていたところなんですけど、そこでバイヤーになって漁師さんのために働きたいなと思っていたんです。元々大学で水産の勉強をしていて、水産で漁師さんのことを知ってから、この人たちのために出来る仕事をしたいなあと思っていて、それで最初はその飲食店に入ったんですけど、飲食店やっぱり辛いというか、すごいんですよ。

[望] しかも東京に居たんだよね、そのとき。

[あいみ] 東京の恵比寿で働いていて、副店長で店長みたいな役割をずっとしていて、朝12時出勤で終わるのが深夜の2時とかで、14時間勤務とかをずっとしていて。漁師さんのために働きたいと思っていたのに、接客業。楽しかったですけど、接客業でアルバイトの教育とかがメインになってきて、売ることがすごい大事で、完全にそっちの方向に行っちゃったので、ちょっと自分がやっていること、これで良いのかなあと思って、あとずっと続けられんなあと思ったので、早くそう思うんだったら転職せんとなあと。

[望] それ何歳のときだっけ? 

[あいみ] それが、24歳くらいですね。23か24でもうハッキリ気持ちが切れたので辞めて、どうしようかなと思って地元の広島に帰って、仕事探そうと思って帰って。水産系の仕事をしたいなあと、現場の仕事がいいなあと。水産じゃなくても現場仕事、生産現場の仕事が良いなあと思って探していて、実は三次の某ワイナリー。

[望] 某になってないよそれ(笑)。広島県人だったら絶対分かるところですね。

[あいみ] 某ワイナリーも行こうかなと思っていて。

[望] でも水産関係……? 

[あいみ] そう。無いんですけど、そこも現場仕事なんですよ。ぶどう作って、自分たちで。そこからワイン製造していたんです。その環境が面白いと思い、魅かれていましたけど、私よさこい実はやっていてずっと。北海道の大学行っていたので、北海道でよさこいやっていて、高知の本場のよさこいがすごい好きで、これ人生一回でも踊っとかんとなあと。大学のとき来たとき大好きだったので、高知に行ってみるのアリかもとちょっと思って。で、そのときに東京にまだ居たときに移住説明会みたいなのがあって、そのときにここにある「いなかパイプ」という会社があるんですけど、その移住相談というか何だろう。都会と田舎を繋げるという会社で、そこに相談したら、「おっ! 良いのあるよぉ!!」って言われて。

[望] 今あの人の声で再生された。

[あいみ] 「良いのあるよぉ! 良いよ良いよこれ良いよ、めっちゃ良いよぉ!!」って言って紹介されたのが、前の会社の鮎市場というところなんですけど、そこの雇われの形態が地域おこし協力隊という形態だったという感じです。鮎市場って何やねんと思ったけど(笑)。四万十川で漁協で鮎を直接漁師から買って売っているところだと。元々農業とかもすごい興味あったから、農業と漁業というのが川ってすごい密接に関係しているので面白いなあと思って。で、実際こっちに来て、こんな仕事だよとかこんな人たちだよと紹介してもらってから、一本釣りのごとく、ここに居た鮎市場の元の市場長だったおじさん? 

[望] はいはい、おじさん。駅長? 

[あいみ] 道の駅の、今は駅長なんですけど、その人にすごいグイグイ来い来い来い来い~! ってつられて、現場の現地にこっちに実際来たときもすごいもてなしてくれて、すごく面白い人だなと、良い人たちだなあと思って。実家に帰ってそう、色んな会社も見たんですけど、高知でよさこいやりたいなあとか、こっちの人にこんなに来いって言われて求められることってないだろうなあと思い、これは行けということかとめっちゃ悩んだんですけど、しましたね。協力隊という3年間の縛りがあるので、3年後どうすればいいんやって悩みましたけど、飛び込んでいいかなと思って。修行だと思って、3年終わってもまだ20代だし、やってみるかって感じで。

[望] 格好良いね。

[あいみ] 格好良いんか? 何か、やりたいことがあって、仕事がそこにあって、来たって感じです。

高知の人とはお酒を飲んだらすぐ打ち解けられる

高知の人とはお酒を飲んだらすぐ打ち解けられる

[望] 多分、今までの田舎暮らしとか移住とかの中では、丸ちゃんは地域おこし協力隊としても、居ないわけじゃないけど私らとは違うパターンで、そこにそういう仕事があったから来たパターンなんだよね。四万十で暮らしたいとかじゃなくて、どっちかと言うと鮎市場という仕事があったから来たパターンじゃない? でも実際、四万十での暮らしというのはどうだった? 

[あいみ] めっちゃ面白かった、面白いですよ。

[望] それは何よりだよね。

[あいみ] お遍路さんが四国あるからか知らないですけど、みんな結構外から来た人にもウェルカムの感じはすごいしますよね。それを大学のときもすごい感じていて、来たとき。遊びに来たときもすごい良くしてもらって。野宿とか大学でしていたんですけど、芋ケンピくれたり、ビールでも飲めってくれたり、おじちゃんたちがくれたりして。あぁ面白いなあと思って、それは印象そのままに、暮らしていてもそうで。地元の広島も田舎ですけど、その田舎だと絶対こんな開放的に迎え入れてくれないなと。

[望] 分かる、それは私もそう思う。同じ広島だから分かるけど。

[あいみ] 気質が違うんだと思うんですけどね。高知の人はちょっと、飲んだらめっちゃ大雑把だし大らかだし、ザ・O型って感じ。でも飲むまではシャイだったりするんですよね。

[望] そうだね、確かに。おんちゃんとか本当、飲むと急にフレンドリーになるよね。一回飲めば。

[あいみ] 一回飲めば、大体打ち解けられるなと思って。こっち来た1日目とかも秋祭りの日で、飲み会だったんですよね。日本酒とかめっちゃ飲まされましたよ、1日目で。

[望] 洗礼って感じなのかな、高知ので。

[あいみ] 献杯って何? っていう。

[望] 献杯、でも今はコロナで禁止やからね、献杯は。

[あいみ] よかったって感じ。

[望] 確かに。

[あいみ] それをやったらすごい受け入れてくれたなって、居て良かったなってすごい思う。

[望] 早いよね、飲み会でお酒の席だからというのもあるけど、仲良くなれるのが一番早いと思う。私とか全然飲めないんだけど、それでもちょっとお付き合いするだけでも全然違うし。

田舎のコミュニケーション、お祭り、面白いじゃん!

[あいみ] それもあるし、みんな面白いし。でもやっぱりその中でも、何て言うんだろうな、微妙なやり取りが生じてきません? ここまで来ちゃいけない、でもここは行った方がいいみたいなこの心理的距離? ここはちょっと引いておこうみたいな。

[望] 分からんでもないけどちょっと何か、微妙すぎてちょっとよく分かんないけど(笑)。

[あいみ] この人だったらここまで詰めて良い。でもこの人だったらもうちょっと引いたときに接するみたいな。

[望] それは確かに相手によってコミュニケーションの……田舎の人もなんだかんだで色んな人が居るよねって感じだよね。

[あいみ] 割り切れないというか、パシン! と出来ないじゃないですか。来ないでくださいとか出来ないけど、でも微妙な距離感で仲良くしていくのがコツだなあと思って。それが分からなかったりすると辛い人は結構いるなあと思いますけど。

[望] よくあるのは、プライバシーがあんまり無いなあみたいなのは結構感じる人は多いですよね。

[あいみ] 無いは無いのかな。どう思いますか? 無いですかね? 

[望] 別に無いわけじゃないと思う。ただ結構、普通の都会とかだったらそんなこと聞かないよねというようなことも結構聞かれたりすることがあるから、そういうときに、イヤなときはイヤ! って言うとか、笑いに変えて誤魔化すじゃないけど、冗談で返すとか、出来れば向こうも別にそれ以上。でもそれ以上言ってきたらやめて! って言ったりとか、そういう関係が作れたら全然大丈夫だと思うけど。

[あいみ] そうですよね。コミュニケーションの独特な取り方がありますよね。

[望] そういうの、でも丸ちゃんすごい得意だよね。

[あいみ] 接客やっていたからだとか、元々実家が田舎だから分かるんですよね、大体感覚が。周りの都会から来た移住した人たちは結構苦しんでいる人はいましたね。地区の会とかお祭りとかあるじゃないですか。それが理解出来ないって言って(笑)。行く必要あんの? とか言っているから、面白いじゃん! みたいな。ええ面白いと思ったらいいじゃん! って言って。

[望] 確かにね。そういうのを楽しめる人だったら確かにいいよね。

[あいみ] 元々そういうの好きなので、お祭りとか。

[望] よさこいはどうだった? 実際参加してみて。

[あいみ] 踊って良かったんですけど、やっぱり見る方も好きだなあっていう。今年コロナで無いですけど、もしあっても踊ってなかったかもしれなくて。踊ってないは踊ってないで、ちょっと踊りたくなってくるというか。結構よさこい、踊っている人は踊っているだけで、見たりしないんですよあんまり。超忙しくて、次ここで踊るぞ、次ここで踊るぞみたいな感じで。

[望] 自分が躍るばっかりで、見る暇ないんだ。

[あいみ] あんまり見るのに興味がない人も多いんですよね案外。自分が踊って楽しいという人が多いので、私はその雰囲気が好きだったり、見るのが楽しかったりするから、何かちょっと感覚違うなあと思って。でもやってよかったですね、念願叶いましたね。

[望] やりたいこと全部やっているね。

[あいみ] そうですね。これで良いのか分からないですけどね。微妙なところを丁寧に出来ていない気がしているから。

西土佐でいい環境で働かせてもらって心が楽になった

西土佐でいい環境で働かせてもらって心が楽になった

[望] 今こっち来て結局何年なんだっけ。

[あいみ] 今年の11月で3年目で……。

[望] まだそんななんだ。

[あいみ] まだ全然居ない、結構濃い……(笑)。

[望] 本当濃いと思う。

[あいみ] 西土佐に居て、良い環境で働かせてもらったんですよね。それが楽しいと思う一個のキーポイントだったなあって。鮎市場に来る人もすごい素敵だし、自分もそこで何か変わった……変わったわけじゃないけど、心が楽になったというか。

[望] 東京に居たときとかよりは。

[あいみ] 楽しくなった感じはありましたね。

[望] そうだよね。やりたいことやれていたら、そりゃあ楽しいよね。

[あいみ] 協力隊というのが最後までネックでしたね。

[望] ずっと働けていたらっていうのが、まあそうだよね。中々色んな事情があるから何とも言えないけど。

[あいみ] 協力隊は3年だからなあ。

[望] その3年、協力隊じゃなかったらある意味来られなかったというのもあるだろうけど、そういうチャンスがそもそもなかっただろうし。

[あいみ] そうですよね。田舎だから雇うのが難しいという会社多い。

[望] 何か辛いなあ。

[あいみ] 移住する人が思うのは多分働く場所だと思いますよ、一番。仕事が一番大変だと思うよなあ。何を優先するかだな。働かなきゃ生きていけないけど住みたい! みたいなときはどうすればいいんだろうって思って。

[望] ここに住みたいって人は割と仕事なんでもいいって人もいて、そういう人たちは楽っていうのも変だけど、仕事選ばなければあるじゃない意外と。丸ちゃんみたいに専門職ってなると、だいぶ選択肢が限られるのは結構勿体ないなあって思う。残念なことが多いかな。

[あいみ] ここで働きたい! みたいな。働かせてください! というのでもやっぱり、雇うのが難しい。

[望] 余裕がないと。

[あいみ] 私の後押しと、あと自分の熱意があれば……う~ん分からないなあこればっかりは。

[望] 悩ましいなあ。でもやっぱり丸ちゃんここに居てほしいというのもあるじゃん。多分私もだし周りもみんなあるだろうから。

[あいみ] それが一番嬉しい。

[望] やっぱそうじゃん? せっかく来たんだし、それで帰してしまうのは勿体ないよね。

[あいみ] それで仕事を紹介されたというか、これどう? って言われて、今の四万十川財団で4月から働くことになったんですけど、雇いが4月初めだったから、どうしても途中で辞めなきゃいけなかったんですけど。

[望] この求人もタイミングだしね。

[あいみ] そうなんですよね。

[望] 今のその……四万十川財団のことを言ってもいいのかな?

[あいみ] 今も同じ四万十川に関わる仕事で。そういえば仕事の話全然していないな。

[望] 確かに、一応聞いておこうか(笑)。

若い人に川漁の文化を繋いでいきたい

[あいみ] 鮎市場でやっていたことが活きているんですけど、鮎市場では漁師さんと関わりながら、実際川漁もやらせてもらったり、鮎を基本的には塩焼きを毎日何本も何本も何本も焼いて、自分が燻製になるくらい焼いて、日本一暑いところで日本一暑い場所で働いていたっていう。

[望] 確かに暑いね。

[あいみ] この間測ったら42度ありましたからね。

[望] ヤバいね。

[あいみ] 天然のものしか扱わない市場で、天然の川魚を売っていたんですけど。商品開発とか、鮎とか、ナマズ、ウナギ、川エビとか色んなのいるんですけど、それを使った商品開発とかもしていて、それを売って営業かけたりとかしていましたね。あとはSNSとか情報発信したり。

[望] 私は回覧板で回ってくるやつ好きだったよ。市場の超ローカル情報みたいな。

[あいみ] 「鮎市場だより」っていうの作ってて。

[望] あれ良かった。

[あいみ] あれすごいファンが実は居るんですよ。

[望] 地元のおんちゃんの話とかも載ってたやん。何か面白かった。

[あいみ] 地域密着、漁師に寄って、ちゃんと話作ろうと思って。ファンが出来ていて、私は市場を離れていて出来ないんですけど、それは行くたびに言われますね、もう一回やってって。それやってホームページとかも作ったりしてやっていて、四万十川の川漁のことをずっと鮎市場でやっていて、今、四万十川財団でも川漁の文化がすごく廃れそうというか、無くなりそうな限界のところにいるんですけど、それをどうにか繋いでいける仕組みを作ろうとしています。もっと若い人に川漁の文化を繋いでいけるような方法、何かないかなと思って、企画を考えているところです。

[望] 高齢化しているもんね、川漁。おんちゃん達もね。

[あいみ] 無くなるのはしょうがないことだと思うんですよね。でも何かやりたいと思ったり、この文化大事だと思ったときに、繋いでいける材料を作っておきたいなと思って。今無くなってしまったら、人間の始まった以来のものの蓄積が今あるわけで。川で鮎を捕るという方法とかも、ずっとみんなが作ってきた蓄積があって、今無くなったら一生戻ってこない。だから、それは残していきたいなと思いつつ、私は何も知らないから勉強しつつ、でも四万十川にいっぱい課題があるので、その課題も分かりやすく丁寧に、みんなに知らせていけたらいいなと思って。

[望] 四万十川に関わることでさっきも聞いたけど、めちゃめちゃ範囲が広すぎて、すごいいっぱいやっているんだなあと思って。

[あいみ] 市町村も、196kmあるんで、四万十川が。5市町あるんですよ。それ全部と関わっていて、山もだし、もちろん四万十川あるし、海の人と関わってきたりもする。景観とかもあるし、観光も地域の振興とかいっぱいあるんですけど。

[望] どれから手をつけようというかよりどりみどりな感じだよね。

[あいみ] いっぱいやることがあるし、やりがいがあるんですけど、広すぎてどうしようと迷っているところ。どうアプローチすればいいんだろうって。

[望] まだ4ヶ月だしね。

[あいみ] だから1年は勉強させてもらおうかなと思って。頑張ろうと思うんですけどね、皆さんの力を借りなきゃいけないから、本当にもう頑張らなきゃな。

[望] 西土佐あれやん。それこそ川漁師のおんちゃんとかいっぱい、丸ちゃん可愛がられているから、協力者いっぱいいるだろうし。

[あいみ] 西土佐の人は大体雰囲気分かるんですけどね。他の地域の人たちのこと知りたいなと思って。色んな人が居るだろうから、その人たちに一人一人会いに行かなきゃなと思っていますけどね。難しいなあ……。

[望] めっちゃ何か悩ましいライブ配信になってしまったけれど、まあでもそういうことなんですよ。移住してからも色々あるんだよっていうね。それはどこに住んでいても一緒。

[あいみ] 私は行きたいしやりたいと思ったから飛び込んで、またそこでぶつかるところもいっぱいあったし、どこ行っても一緒だと思うんだよなあ。行きたいと思ったところに行ってぶつかって、変えたいんだったら変えたらいいんですよね。

[望] そんなもんだよね。結局やりたいなって思って、動かなかったらずっとそこに行けないまま、何にも変わらないまま、ずっと憧れだけがモヤモヤとこの辺にあるだけで。

[あいみ] それが一番嫌なんですよね。飛び込みたいってすごい思うから、そこに対しては忠実に動いていますね。

[望] 行動が早い、さすが。

[あいみ] それが早いが良いじゃなくて、丁寧に生きていきたいなって(笑)。

[望] ちょっとだけ変わったんだ、そこは。

[あいみ] 年齢的にも落ち着かなきゃと思って。

[望] 待って待って、20代じゃん。

[あいみ] まだですけど。

[望] まあ大丈夫だよ。30代になってもぶつかるときはぶつかるし。

[あいみ] 先輩が居る~、隣に先輩が。

[望] でも、やっぱり違うっちゃ違うけど、20代のときにぶつかったのとは。乗り越え方も多分。でもそのときにやりたいことをやれたらいいよね。

[あいみ] そうですね。


以下の3ステップで登録を済ませておくと、インタビューライブを手間なくお楽しみいただけます。

1. 移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」Facebookページに いいね!

2. メルマガ『オキオカ移住女子からのお便り』に登録
※ライブ配信やアーカイブ動画配信のご案内、ライブでは話さなかったここだけの裏話も!

3. LINEに友だち追加する
※質問やご感想もこちらにいただけると嬉しいです♪

わたしが高知・四万十へ移住した理由を話します!

移住のきっかけはなんですか?
いつも聞かれるんですけど、
実は、これだ!という分かりやすい
決め手はなかったんです。

だけど、よく振り返ってみると、
いくつかの転機はありました。

そもそも私はただの事務職会社員で、
20代の頃は移住も起業も全く考えてなかったですし、
やりたいことも将来の夢も特になく…

でも今は、やりたいことがありすぎて
時間が足りないくらい(笑)

なんでこんなことになったのか、
特に大きなきっかけは3つあって、

1つ目は、はじめての海外旅行でモンゴルへ行ったこと
2つ目は、山梨にタイニーハウスをつくるWSに行ったこと
3つ目は、モンゴルにもう一度行ったこと

一見どれも移住には関係なさそうですが、
実はつながっています。
くわしく書くと長くなるので、なんと明日、
インタビューライブでお伝えすることになりました!

土佐山アカデミーの祥世さんが、
インタビュアーをしてくれます。

初めてインタビューを受ける側って
めちゃくちゃ緊張しますね(笑)
なにかあなたの移住に参考になるお話を
お伝えできれば嬉しいです。

「オキオカ移住女子インタビューライブ・第8弾」
~誕生日スペシャル~私が高知・四万十へ移住した理由

日時:9月24日(木)20:00~(30分程度)
場所:移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」Facebookページ

https://www.facebook.com/guesthouse.oki.oka/

このライブ配信では、オキオカオーナーの高濱望が、
生き生きと暮らしている先輩移住女子にインタビューをして、
こんな生き方もあるんだ!と、これから移住したい女子に
ワクワクをお届けしていきます。
が、今回は特別編ということで、私自身が
自分のことをお話させていただきます。

わたしが高知・四万十へ移住した理由

高濱 望(たかはま のぞみ)
2016年8月に高知県四万十市へ移住。広島県広島市出身。
四万十市地域おこし協力隊を務めたあと、
お家をDIYしてゲストハウス運営をスタート。
現在は移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」の運営と
自宅リンパケアサロンでセラピストとして自分の仕事をしつつ、
NPO法人のスタッフや有機農家さんでのアルバイトなど
複業で田舎暮らしを楽しんでいる。
畑で野菜作りや庭の手入れを一緒にしたい女子、大歓迎。
https://guesthouse-okioka.com/

インタビュアー:下元 祥世(しももと さちよ)さん
高知市出身。東京からUターン。
元セラピスト。元地域おこし協力隊。
高知県内でも田野町→室戸市→高知市土佐山と移動して、
現在はNPO法人土佐山アカデミーで活躍中。

【移住女子シェア&ゲストハウス|オキオカ】
移住を考え始めた女子のためのプレ体験
https://guesthouse-okioka.com/

【LINE@登録はこちら】
(こちらからお問い合わせ可能です)
https://line.me/R/ti/p/%40659hacvk

【Instagram】
https://www.instagram.com/oki_oka/

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/guesthouse.oki.oka/

【移住に興味がある女性へ】
移住したいけどまだ迷っている…
移住先が決まらない…
漠然とした不安がある…
移住仲間がほしい!
そんな女性は、
メルマガ「移住女子からのお便り」にご登録ください!
↓   ↓   ↓
https://mail.os7.biz/add/zg7M

【移住したい方へ】あなたの一番の悩みや不安に思っていることを教えてください

移住のお悩み

オキオカではこの夏、移住女子インタビューライブをはじめてから
すでに7人の移住女子のお話をお届けしました。
 
嬉しいことに、ライブを見ていただいた方から
「いろんな方のお話が参考になります」
「楽しみにしています!」
というお声をいただいています♪
 
そこで、この先もお届けするライブなどの内容を
もっとみなさんの役立つものにするため、
あなたの力を貸してください。
 
あなたが移住をするにあたって、
特に心配なことや気になること、
一番不安に思っていることは何ですか?
 
次の4つの中から1つだけ選んで、教えてください。
 
(1)空き家さがし~どうやって見つけたらいいの?

(2)仕事さがし~仕事が見つかるかな。起業って私にもできる?


(3)人間関係~田舎の人づきあいは難しい?地域になじめるかな


(4)移住したいけど何から手をつけたらいいのか分からない!!!

 
回答は下記のメッセージフォームからお送りください。
番号だけでかまいません。
もちろん、具体的にこういうことが知りたい!というのがある方は
ぜひ詳しく教えてくださると嬉しいです。
 
ちなみに私は(1)空き家さがし、でした!
今のシェア&ゲストハウスのお家を見つけた方法も、
きっとあなたの参考になると思います^^

アンケート回答フォーム

答えてくださった方へのお礼を込めて、
アンケートの回答をする場合には是非お知らせをしたいので
お名前とメールアドレスをご記入いただければ嬉しいです。

移住10年目の高知初コミュニティーナース~オキオカ移住女子インタビューライブ・第3弾

このライブ配信では、オキオカオーナーの高濱望が、生き生きと暮らしている先輩移住女子にインタビューをして、こんな生き方もあるんだ!と、これから移住したい女子にワクワクをお届けしていきます。

8月13日(木)20:00~ Facebookページでオキオカ移住女子インタビューライブ配信・第3弾をしました!

ゲスト:中野知美さん
大阪府出身。2011年に高知へ移住。
高知県宿毛市でコミュニティ―ナースとして活躍中!
コミュニティーナース@大井田病院
https://medicommuhata.com/

ライブ配信アーカイブはこちらで見れます↓


<インタビュー内容の一部をご紹介>

[インタビュアー:高濱望(以下:望)] 早速なんですが、自己紹介をしていただいてもいいでしょうか?

[ゲスト:中野知美(以下:知美)] 私は今、高知県の土佐清水に住んでます。働いてるのは宿毛市です。宿毛市でコミュニティーナースとして今仕事をしています、中野知美といいます。出身は大阪で、高知に来てから10年目なのかな。去年から10年目って言ってるけど(笑)

[望] わかんなくなるよね。

[知美] みんなに嫁に来たんかいって言われるんですけど、独身です。今、仕事、職種は看護師で、今日はコミュニティーナースの話もできるかなと思っています。よろしくお願いします。

[望] はい。よろしくお願いします。ありがとうございます。そうそう。知美さんは、宿毛市で働いてるけど、土佐清水なんですよね。在住はね。

[知美] 住んでるのは土佐清水なんです。

[望] 結構この四万十市と土佐清水市と宿毛市って、わりと行き来のある地域ですよね。近いというか、幡多地域だから。

[知美] そうだね。うんうん。

[望] 宿毛から、四万十市に買い物とか来る人もいるし。同じ幡多です。そんな知美さんと私が最初に初めてお会いしたのが、去年の9月であってます?

[知美] もう昔っからずっといるみたいな感じだけど、そうなんだよね。1年経ってないんだ。

[望] そうそう。高知市内の講座でお会いして。
私、初めてそのときにコミュニティーナースっていうのを知美さんから聞いて、最初、本当に何のことかあんまりわかんなかったんですけど……そう、コミュニティーナースの話からいこうか、移住の話からいこうか、ちょっと私、迷ってて(笑)。

[知美] 全然大丈夫だよ。

[望] 全然大丈夫ですか。コミュニティーナースの話もしたいんですよね。まあまあ、絡んでくるか。

[知美] 絶対絡んでくるの。

[望] そうですね。じゃあ、最初は移住からいきましょう。

[知美] はーい。

移住のきっかけは知人。そして東日本大震災

[望] 10年くらい前に高知に来られたってことですけど、それまでされてたこととか、流れも合わせて、高知に来ることになるまで、来られたきっかけとかと合わせて話を聞かせてもらっていいですか。

[知美] はい。高知に来ることになったきっかけは、一人の人、知人がいたっていうことなんですよね。高知に。その人は、大阪で私が看護師として働いてたときの上司っていうか、看護部長さんやって、うんと年は私より上で、その人の旦那さんの地元が土佐清水で。自分と、その看護部長さんは大阪の病院で知り合ってるんですが。

 その人が旦那さんの定年退職を機に、言ったら、Uターンっていうのかな。Uターン。でも奥さんの方は全然よその人なので、旦那さんに着いてそれで土佐清水に住んだっていうところで、何回か多分3回ぐらい遊びに来てたので、いいな、こんなところで働けたらいいなとは思ったりしてたところで、あれかな。直接のきっかけは東日本大震災。もうあれが10年前、2011年だもんね。

[望] そうですね。

[知美] 2011年の3月11日だったので、当時そのときはNGOに自分が所属してて、それで、ミャンマーに行って、ミャンマーからちょうど帰って、日本に帰って来たら、そのあの大震災。

帰ってくるときでも、ああいうふうに日本がなってるよってなって、帰れんのかな。あ、帰れたね、みたいな感じで。

で、帰ってきたものの、私は違う目的で日本に帰って、一時帰国的な気持ちだったんだけど、日本がこんなことになってるんだから、そこ行くよねって、そのNGOのトップに声をかけられ、まあ行きますよねっていうことで、先遣隊として現地に入って、先遣隊は見て一回戻ってくる予定だったんですけど、そこから成り行きで、拠点ひいていいよって言っていただいたので、そこでそのまま1カ月ぐらい。

まあなんていうのかな、避難所に、保健室みたいな、なんか仮設診療所みたいなの構えて、いろんなボランティア、たくさんの方が来ていただいたんですけど、それの采配というか、そういうことをしたのがきっかけで、それまではNGOでミャンマーには行ってたんですけど、ミャンマーに行くまでは、大阪の本当に普通の急性期の病院で看護してただけだったので、東日本の震災のときって、地域医療の大切さっていうか、自分たちが大阪でしてなかった医療っていうのをすごく見せつけられて、そういう地域医療という、やったことのない医療をやってみたいなって。

で、いったん地元に帰ってきたときに、そのとき三重県だったのかな。三重県に家が引っ越してたので、家に帰ってきたんですけど、そのときに、もう一回被災地に今度は長期で、1カ月とかじゃなくって、もう復興って多分大変だから、ずっといないといけないよねってことで、帰ってこいというか、帰ってきてほしいって言っていただいてたんだけど、自分としても、もうちょっと力つけてからいきたいなと、そのときは思ったんですよね。

その地域医療するフィールドを、今思えば、そのまま東北に戻ってやればそれでよかったのかもしれないんですけど、フィールドどこかないかなって思ったときに、それまで行ってた先の知人の方のところに何回か遊びに行ってたので、あそこどうなのかなと思って、また一回遊びに行ったのかな。

そしたら、遊びに行ったつもりやったけど、病院の関係者の人とも面談がセッティングされていて。

[望] (笑)。仕込まれてる。

[知美] なんか、ちょっと会ってほしい人がいるのよ、みたいな感じだった。いいですよって、気持ちよくお話をしたんですよ。私、気持ちよくお話したら、あなたの言ってること、全部できますよって言われてハッとしたんですね。その流れで、もうね、ご縁ですので、そんな感じで、なんだろう。本当にあんまり、まあ、何、流れるままって感じでしょ。

[望] うん。すごいね。

[知美] 来ました。そんな感じで。ちょっと伏線は多分あったんだろうけど、きっかけになったのは、やっぱり東日本大震災で、これでいろんな価値観変わった方って多分たくさんいらっしゃるし、今のこの新型こCOVIDも一緒だけれども、多分この新型コロナでもすごい、人々の価値観が変わってると思うんだけど、まあ、10年前もすごい、どうだろう、その、移住ということまで大きくはいかなかったかもしれないけど、人々の価値観が多分変わった、一つの時代なのかなって、自分もその一人かなっていう感じです。

[望] なるほど。ありがとうございます。そうそう。東日本大震災のあとって、やっぱり移住って増えたんですよ。それこそ、東京の方から高知も増えたって聞きますし、基本、西日本の方にっていう方が、やっぱ増えたんですね。

[知美] だよね。うんうん。

[望] あると思いますね、やっぱね。そういう転換期だったんでしょうね。

[知美] 転換期。

移住女子インタビューライブの様子
移住女子インタビューライブの様子

その人の生活に密着する地域医療

[望] ちょっと聞いてもいいですか。

[知美] はい。

[望] 私は医療のことはよくわかんないですけど、地域医療とその街中の医療って、なんか具体的に、例えでもいいんですけど、どう違うんですか。

[知美] そのときに自分が感じたのは、伝わるかわかんないんだけど、その大阪の普通の大きい病院で看護師としているってことは、来た人に施すってわかるかな。来た人がなんかもう大体、病気が何かがあるから病院に来るんだから、その病気に対して、ルーティーン的に決まってる治療っていうのが何個かあって、それを説明して、チョイスしたものをその通りやる。本当にルーティーンでできるんですよね。来た人に対して施す。まあ、大げさに言えばね。

だけど、そうじゃなくって、地域医療ってやっぱり取りにいく医療。取りにいく医療ってわかるかな。なんか、その人をやっぱりもっと知ろうとする、知りにいくっていうか、治療というよりも、やっぱり生活と病状っていうのが密接で。

自分が行ってた医療現場の違いもあると思うんですよ。大学病院とか、そういう何とか医療センターとか、そういうところにいると、そういう医療じゃないじゃないですか。決められて、ある特定の疾患に対して対応するっていう目的なので、あんまりその人の生活とか、家族とかっていうところよりも、やっぱりその医療としての、その疾患としての治療をひたすら遂行するというような。医療のステージが違うというか、違うから、自分としたら、いわゆる医療者はわかると思うんだけど、プライマリー医療と言われる、高度の医療とか、いろいろあるじゃんね。

風邪を引いたとか、ちょっと体調悪いんだよって、いわゆるかかりつけのお医者さんのするような医療っていうところに自分はいなかったので、なんかそういう人ともっと密着してるようなってやりたいなっていうのは、大阪にいたときから思ってたんですよね。

めちゃくちゃしんどい治療とかを患者さんは頑張って受けるわけやけど、そのあと本当にどうしてるかわかんない場合もあるわけですよね。救急なんかはとくにね。

事故ですごい状態で来て、どうにか生命は取り留めたけど、そのあとその人がどういう生活に戻れてるのかとかいうのが全然わからない。人命救命ではあるんだけれども、やっぱりその人が生活にどう戻っていっているのかってところをやっぱり見ないで、来るものにだけ対応する医療をしてたので。

言ったらその最後の方よね。行く末どうなってたのかっていうところを知りたいっていうこと。その行く末をどうにかしようと思ったら、もっと取りにいく医療というか、それまでの生活を知らないと、そこにうまく帰してあげることはできないやもんね。なんかそういう医療を私はしたいなって。

[望] あー。なるほど。すごいわかりました。もう全然違うってことですよね。なんだろう。ジャンルが違うのかな。医療の中で。

[知美] 医療の、そうそう。それは役割なのね。それはそうだ。
どっちも必要なんだけど、でもやっぱり本当は高度の医療のステージでいる人たちも、その人の生活、その人を生活者として見なくていいのかって決してそんなことじゃない。

今もすごくそこ言われてるとこではあるんだけど、やっぱり当時、自分の視点の中には薄かったと思ってて、それをすごい思い知ったって感じかな。その被災地のときに。自分のやってた医療が全然役に立たないって思ったって感じ。

[望] もっと何か、本当個人とね、個人対個人というか、その人に寄り添うって感じですよね。

[知美] うんうん。そうそう。

[望] 知美さんのブログを私は読んでるので、大ファンなので。

[知美] ありがとうございます。

[望] ぜひ皆さんにも読んでほしいんですけど、すごい、人を見てるんだなっていうのがわかる。その人と、人となりというか、キャラクターがそれぞれあるから。

[知美] そうそう。そういう感じです。

[望] おじいちゃんおばあちゃんと接してても、結構みんな癖があったり。

[知美] 面白いよね。

[望] そういうふれあいから大事にして、だからその人に合った医療というか、医療はいらないけど悩み事に対する解決ができたりっていうことですよね。

[知美] そうそう。

[望] 移住の話からちょっとずれましたけど、まあまあ、でも本当にそれって田舎ならでは、ですよね。

[知美] です。と思っています。

10年間の集大成が今、コミュニティーナースで実現

[望] こっちに来られてから、実際、地域医療の現場に関わってみて、今どんな感じですか。

[知美] こっちに来て10年で、3回職場を実は変わっていて、一番最初はその私の知人が働いて、当時まだ働いていたところのそこで仕事をして、そのときも最初は普通の一般病棟に配属だったんですけど、うまい具合に、在宅医療を推進する事業を病院がそれに手上げをして、それをすることになったんですよ。

当時1年だけの事業だったんですけど、それの担当にならないかって言っていただいて、私にしたら、そんな在宅医療も知らんからここに来てるわけだし、高知県のことも知らんのにできるわけないじゃないかと思ったんだけど、まあ言っていただいたんだからね、じゃあ勉強させてもらいますっていうことで、なんか本当に狙ったわけじゃないけど、住民さんとか、そういう医療だけじゃない、介護の人たちですよね。いわゆる生活を支える人たちと関わるような立場にならせていただいて、めちゃくちゃ勉強になった。それがトータルで3~4年、4年ぐらいだったのかな。

住民さんと直接というよりは、家でも療養しないといけないような人を支えてる専門職の方たちと主に関わることが多かったので、次は住民さんともっと関わりたいなって、いわゆる患者さんとなる人たちですよね。と、関わりたいなと思ったので、次はちょっと訪問看護の方に少し、1年ちょっとだけ、勉強のために出せていただいて。

3回目の今の職場が3つ目の職場になって、今はそれこそ、来たてのときの、その専門職の人たちと関わったこととか、2回目の職場で訪問看護として患者さんご家族と関わったこととかを、本当に貴重な体験としつつ、コミュニティーナースとして、もちろん専門職と関わることもたくさんあるし、ご本人とご家族と関わることがあるので、今が一番、本当は集大成になるんだろうなっていう感じですね。今からです。

[望] すごい!

[知美] その流れはうまい具合に、全然本当に計算してないけど、ありがたく、そんなふうになっています。なってありがたいです。目的通りになっちゃったって感じです。

SWANテレビとの企画でうちに自ら撮影に来てくれたコミュニティーナースの中野知美さん

移住したい人に伝えたいこと「田舎だと大活躍できるよ」

[望] すごい。うん。いや、その流れっていうのは、まあ知美さん、引き寄せたんだと思うんですけど、なんでだろう。どうやったらその流れに乗れるんですか。

[知美] そうそう、移住したい人にお伝えしたいことがあって、それはね、私が最初にここに呼んでいただいたときに病院関係の人とセッティングされてた面談で「田舎の方がいろいろできるよ」とは言われた。都会だと埋もれちゃうよねって。できる人というか、人がいっぱいいるから、多少の才能持ってても全然目立たないよねって。「田舎だと大活躍できるから」って言われたんですね。

[望] まさにまさにですね。大活躍ですよね。

[知美] 私、ぽかんって聞いてて、えっ?って顔、多分してたから、そりゃそうでしょっ、人が少ないんだからって言われて、ああーって(笑)

[望] (笑)。ああー。

[知美] なんか、それは事実かなって思いませんか。ねっ。

[望] ありますね。

[知美] ねー。それをいいととるか、なんかわかんないけど、事実として、本当に何かやりたいなとかって思う方がいらっしゃったとしたら、十分できるフィールドだよね。

[望] そうですね。

[知美] 都会で埋もれちゃわないで、出てきなさいって感じよね。

[望] うんうん。人が少ないっていうのは単純にあるんでしょうけど、若い人もやっぱ少ないので、割合として。期待度が高いですよね。でも、高いけど、すごい応援してくれるので、高知の人の特徴なのかな。本当に背中を押してくれる人が多いなっていう印象ですね。

本気だな、と受け取ったらめちゃくちゃ味方になってくれる

[知美] そう。女性もやっぱりすごい大活躍してますよね。それはすごい感じる。感じた。最初来たときに、出会う人、出会う人、女性ばっかりじゃんって思って、なんか。

[望] 男性は?って感じだけども、まあまあ。

[知美] わりと女性が多かったのね。多かったしね。そう。

[望] すごいかっこいい女性が多い。

[知美] そう。ねえ。で、なんていうんかな。力あるよね。巡礼中もそうかな。

こっちが本気だったら本気の人ってすごい出てくるっていうか、こっちが本気かどうかすごい見られてんなとは思った。よそ者だし、なんか。

[望] あー。それはありますね。確かにね。

[知美] なんかそこでそういうのは感じるけど、本気だなっていうふうに、向こうが受け取ってくれたら、めちゃくちゃ味方になってくれたりしますもんね。

[望] 信用されるにはやっぱり積み重ねていくしかないけれど、ちゃんとやった分だけ見てくれてる人がちゃんといる。

移住女子インタビューライブの様子
移住女子インタビューライブの様子

仕組み化して一緒に活動できる仲間を増やしたい

[望] さあ、やっぱり、これからの活動についても聞きたいんですよね。

[知美] そうだよね。うーんと。

[望] 私も絡めるような活動があるといいな。

[知美] あるといいね。なんかちょっとコミュニティーナースで今何具体的にしてるか、ちょっとお話する時間あんまなかったんですけど、今その病院の中で、私一人なんですよ。コミュニティーナースとして活動してるのは。

ただ、院内のいろんな職種、セラピストさんとか、ナースさんとか、いろいろ巻き込みながら、もちろん地域にも出ていったりとか、私も院内のいろんな職種、相談をしたりとかしながら、住民さんの問題を一緒に解決していこうとはしてるんですけども、仲間を増やしたいっていうのが一番。一人じゃなくって、二人でも三人でもいい。

で、プラス、今はやりのですけど、プラットフォーム的な感じのものを、人がすごく出入りしたりとかしても全然いいんだけど、その住民さんの安心とか楽しさのために、医療者とか関係なく、住民さんって言ったら、本当にお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまでいろいろなんけど、それぞれのいろんな特技を持った人たちが、この人のワクワクのために、私これできるぜとか、安心のためにこれできるぜ、とか、セルフケアっていうこともよく言われるんだけれども、別に指導とかいうことじゃなくって、自分で自分のことをするケアって、すごい幅広いっていうか、広いと思うんだけど、なんかそういうことを、それは例えば楽しい趣味を持つっていうのもそれもケアかもしれないし、幅広く、いろんなその特技、まあ自分で特技って気づいてないこともあるだろうけど、いろんなことをいろんな人を訪ねていって、いろんな人の人生にお邪魔していきたいというか。

[望] うん。

[知美] だから一人じゃなくって組織化を…それがNPOとかになるのかわかんないけど、ただ形にはとらわれたくないんですよね。NPOができたからハイ終わりとかでもないし、だから今の立場でできること、別に全部やってるわけじゃないから、今の立場でできることもやりながら、仲間を増やしていくにはどうしたらいいのかなって思って。

しかも今、無償なんですよ。無償ってなかなか続かないじゃないですか。だからここにお金ができる仕組み、せっかく一緒にやるんだから、時間使うんだから、めちゃくちゃ稼がなくても、ちょっとでもお金ができる仕組みっていうのを乗せていきたい、そういう仕組みを作ろうと思ってます。それができたら多分、やりたい人たちがやれる。やれるんだろうなって思ってるんで、それが今からの計画です。

[望] おー。いいですね。いいですよね。知美さんやってるの楽しそうだから、一緒にやりたいって思うよね。

[知美] 嬉しいな。うんうん。でもお金がないとね、やっぱね。

[望] (笑)。まあ、現実ですよね。

[知美] だって時間を使うんだからさ、ずっとやってたらお金一銭ももらえないんじゃできないもんね。

[望] 続かないですよね。なかなかね。やりたいけど。

[知美] 続かないんだよね。そこを今、本当にそういう仕組みにしたいなって言って、うちの院長とかとも話をしています。

[望] 楽しみにしています。

[望] 仲間を増やしたいという話で、私も思っていて、こういう話を聞いて、高知に住みたいと思う人が増えて、シェアハウスに住みたいと思う人が来てくれたらそれもうれしいし。

ちょっと前に、うちにプチ移住に来た大学生の子がいたんだけど、その子が看護大学の子で、田舎で仕事をしたいから看護師を選んだ、需要もあるだろうから、という子で、しかもコミュニティーナースにも興味があるって言ってたんです。

その話聞いて、知美さんと会わせたいな、話できないかな、と思って、急きょZOOMで「知美さーん」って呼んで、お話してくれて。
そういうのすごいいいなと思って、私にはできない話を知美さんがしてくれて、こういう人とのつながりがあることは私の財産ですね。本当にありがたかったです。

[知美] 楽しかったです。

[望] これからもいろんなつながりを増やしていきたいなと思っています。

[知美] ありがとうございます。

[望] さて、長くなってしまいましたが、何か言い足りなかったことはないですか?

[知美] もっとコミュニティーナースのことを知ってもらいたいというか、SWANプロジェクトのやつも特技のある人に出演してもらったりとか望さんにも出てもらったんですけど、そのページもつくっています。今のブログではコミュニティーナースのこと全然わからんじゃないかと突っ込まれそうなんですけど(笑)

これからどんどんもっとわかりやすくしていくので、是非見ていただいて、本当に関心ある人は連絡ほしいなって思います。

ブログ「コミュニティナース@大井田病院~自分らしくさいごまで 自分のチカラを活かした支え合い地域に」


以下の3ステップで登録を済ませておくと、インタビューライブを手間なくお楽しみいただけます。

1. 移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」Facebookページに いいね!

2. メルマガ『オキオカ移住女子からのお便り』に登録
※ライブ配信やアーカイブ動画配信のご案内、ライブでは話さなかったここだけの裏話も!

3. LINEに友だち追加する
※質問やご感想もこちらにいただけると嬉しいです♪

9月『プチ移住』予約日お知らせ&コロナウイルス感染拡大予防のご協力のお願い

黒尊川

9月『プチ移住』予約日

19(土)20(日)21(月)22(火)

■宿泊条件

  • 地方移住を考えている女性のみ
  • 1日1組限定
  • 個室利用のみ

ご予約はページ下部のお問い合わせフォームから

ご予約を希望される方はあわせて下記を必ずお読みください。

コロナウイルス感染拡大予防のご協力のお願い

■宿泊前のお願い

必ずヘルスチェックをお願いいたします。

  1. 宿泊予定日の過去2週間以内に、ご自身または同居している方に発熱(37.5度)の症状がある。
  2. 宿泊予定日の過去2週間以内に、ご自身または同居している方に、息苦しさや強いだるさなどの症状がある。
  3. 宿泊予定日の過去2週間以内に、咳・くしゃみ・鼻水・のどの痛みなど風邪の症状が続いている(軽症状含む)
  4. 宿泊予定日の過去2週間以内に、味覚・嗅覚に違和感がある。
  5. 宿泊予定日の過去2週間以内に、陽性と診断された方と濃厚接触があると判断された(PCR検査を受け、陰性と確認できている場合を除く)

以上のどれか1つでも当てはまる場合は、宿泊をお控えください。

体調への不安など感染拡大予防を理由としたキャンセルの場合、当日のご連絡でもキャンセル料金はいただいておりません。ただし、必ずご連絡をお願いいたします。

■宿泊中のお願い

  • 手指のこまめな消毒
  • ゲストハウス共有スペースでのマスクの着用
  • 宿泊中の1日1回の検温(体温計はご持参ください)

 公共交通機関で移動される際や周辺のお店での買い物などの際にもマスク着用と手指の消毒の徹底をお願いします

お願いばかりで恐縮ですが、貸し切りのゲストハウスやビジネスホテルなどと違い、シェアハウスであること、田舎のため周辺住民は高齢者ばかりであること、ゲストとホストお互いの健康のためにも、どうぞご協力ください。

ご理解いただけた方は下記のお問い合わせフォームにてご希望の宿泊日などをお知らせください。折り返しメールでご連絡を差し上げます。

交通費用が最大5000円お得になる高知観光リカバリーキャンペーンの対象施設です。(※高知県民も利用可能)

高知へUターン!土佐山アカデミーで仕事づくりに挑戦中~オキオカ移住女子インタビューライブ・第2弾

このライブ配信では、オキオカオーナーの高濱望が、生き生きと暮らしている先輩移住女子にインタビューをして、こんな生き方もあるんだ!と、これから移住したい女子にワクワクをお届けしていきます。

8月6日(木)20:00~ Facebookページでオキオカ移住女子インタビューライブ配信・第2弾をしました!

ゲスト:下元祥世さん
高知市出身。東京からUターン。
元セラピスト。元地域おこし協力隊。
高知県内でも田野町→室戸市→高知市土佐山と移動して、現在はNPO法人土佐山アカデミーで活躍中。

ライブ配信アーカイブはこちらで見れます↓


<インタビュー内容の一部をご紹介>

[インタビュアー:高濱望(以下:望)] 今日は下元祥世さんに、インタビューをしていこうと思います。
Uターンで高知に帰って来られて、土佐山アカデミーで、すごい面白いことをたくさんされているのでいろいろ聞きたいなと思いながらも、これまでゆっくりと話をする機会もなく……。いろんな要素があり過ぎて、ほんと30分で済むのか分からないんですけど、今日はよろしくお願いします。

[ゲスト:下元祥世(以下:祥世)] はい、こちらこそよろしくお願いします。

[望] じゃ、祥世さんのほうから、ちょっと軽く自己紹介的なものをしてもらっても大丈夫ですか?

[祥世] はい、改めまして、下元祥世と申します。
今は高知市の北のほうにある土佐山地区という、昔は土佐山村という自治体だったんですけども、そこにあるNPO法人土佐山アカデミーというところで、スタッフをしています。
何をしているのかっていうのはいつも、説明に迷うんですけど、基本的にはというか、その土佐山をはじめとする、いわゆる中山間地域と呼ばれる所にあるような地域の課題を、資源とか教材に変えて、学びの場を作るみたいなことをやっている団体です。
元々は総務というか総務事務みたいな形で入ったんですけど、スタッフがそんなに大勢はいなくて、いま私入って2年半ぐらいになるんですけど、4月からたまたま、一人卒業して2名体制でやっているので、事務しながらいろいろ、企画したり勉強させてもらったりとかしている感じです、はい。

[望] ありがとうございます。事務だったんですね。
一番最初に会ったのが、私が協力隊やってたときですかね。

[祥世] じゃないかな。

[望] それこそイベントで会って、「二宮金次郎」っていうラーメン屋でラーメンを食べながらこう、話した覚えはあるんです。

[祥世] ああー、あったかもね。

[望] それも起業のたぶんスタートアップ的なイベントで。「ナリワイ」のやつかな?で、話をさせてもらって。下元さんがそのとき何故か室戸のほうにいたのかな? 室戸にも通ってましたよね。

[祥世] 室戸に住んでたから。

[望] あ、住んでたの?(笑)なんかもう、いろんな所にいるから、ごちゃごちゃしてますけど。そうそう、星空の講座を開いてくれて、それに私が行って、

[祥世] 室戸まで来てくれてたね。

[望] うん。その後は特にお会いしたとかはないんですけど、やっぱりフェイスブックとかでちらほら見てるし、土佐山アカデミーの企画も、いつも楽しそうなことをやってるなあって思いながら見てて。
で、ほんとつい先日、8月2日に、私のリンパケアのセルフケア講座を土佐山アカデミーさんでさせてもらって、そのときになんか勢いで、インタビューをという流れでした。
 実際、高知に帰られたのは何年前なんですか?

[祥世] 2013年の4月だったんで、7年ぐらい前になるのかな。

オキオカ移住女子インタビューライブ・第3弾
オキオカ移住女子インタビューライブ・第3弾

東京でセラピストを10年以上。東日本大震災に遭って…

[望] 7年前、高知に帰って来たきっかけっていうのは?

[祥世] ええとね、東京にいたんですけど、40歳になるちょっと手前だったんですね、38とか9とかで戻って来たんだけど、それまでずっと10年以上、12、3年ぐらい、リラクゼーションの世界でセラピストをやってたんですよね。

[望] はい。

[祥世] 普通に考えて、まあ60まで、なんて言うのかな、こう、現役でっていうか、別にね、そっから先も現役で働くことはできるんですけど、まあ60までって考えてあと20年あるから、20年あればもう一個ぐらいなんか違うことゼロからやっても物にできるんじゃないかなみたいに思ってたんですよね。

[望] へえー。

[祥世] プラスアルファ私が東京にいたときに東日本大震災とかあったりして、

[望] うん。

[祥世] 弟も東京にいたので、都市機能っていろんなものがまともに動いてるとすごいんですよ。いろんな人揃ってるし、情報とかいいものも、なんか速いし、やっぱり。
 でも一旦、ああいう震災みたいな大きな出来事があると、ほんと電車とか走らなくなるし、会社まで通勤快速で1時間みたいな、ちょっと遠方に住んでる人が多いんだけど、あんなことになると通勤快速とかも走らなくなって、みんな2時間とかかけて、来るみたいなこととかになったりして、なんか、弱いっていうかこう、

[望] 災害とかにはね。

[祥世] そう感じたんですよね。今、それこそ土佐山とかにいると、たぶん地震は来るって言われてるけど、一週間、電気来ませんとか、電車止まりますって言われても、ほとんどの人が困らないと思うんですよね。

[望] そうですね、電車通ってないですしね。

[祥世] 自分で作ってるし、そういうのってやっぱり単純に言うとすごいかっこいいなっていうか自分の暮らしを自分で作れるっていうのもあるし、そういうものも、身に付けたいなみたいなこととかも思って。
 最初はね、東京から近い所で長野県とかに、一週間行ってみたりとか、神奈川とかいくつか転々としてて。でも、まず長野はね、一年の半分は雪ですよって言われて(笑)

[望] 寒い、寒い、確かに。(笑)

[祥世] スパイクタイヤも履いたことないし、雪の上歩いたことないしみたいな。

[望] (笑)

[祥世] だんだんなんかこう南下しようかと思ってたんですよね。

[望] ああ。

[祥世] 親も歳取るし、40、50歳とかで動くっていうのはちょっとしんどいし、高知の、親もなんかあったら戻って来てくれるかなって思えるぐらいの距離のとこでいいかなって、で、高知の田野町っていう町に地域おこし協力隊で戻って来たのが2013年でした。

高知県内でも田野町→室戸市→高知市へ移り住みながら

[望] そうか、協力隊だったんですね。

[祥世] はい。

[望] 聞いたっけ?その話(笑)

[祥世] いやいやそうですよ、一応OG。

[望] すごい今更だけど、先輩(笑)

[祥世] 3年目更新しなかったので2年やりました。

[望] ああ、じゃあ私と一緒だ。へえー。なるほど。田野町もね、高知市のどっちかって言うと東側か。

[祥世] うん。もう完全に東です。室戸の手前が奈半利、奈半利の手前が田野だから、もうほんとに、ごめん・なはり線の終点の駅。

[望] 高知県も広いんで、私住んでるの西だから、東のほうになると、うーん、どこっていう感じなんですけどね。

[祥世] だよね。

[望] 協力隊の後は?すぐ土佐山?

[祥世] いやいや、ええとね、田野に2年いて、2013、14年といて、15年の4月に、その田野にいた頃に結構、室戸の仕事ちょこちょこ手伝いに行ったりとかしてて、ちょうどジオパークセンターが室戸にオープンしたんだよね。
 で、他にも、いくつか声をかけてもらって、そのまま室戸に移ったんで、更に高知市から向こうに。

[望] 東へ。

人づてで小さな色んな仕事がまわってきて、全部で15個くらい。色んなことが経験できて楽しかった!

[祥世] そう。で、田野で2年、室戸で3年。室戸にいたときに、星のガイドとかやったりしてました。

[望] 室戸にいたときは、ジオパークのことはお仕事として?

[祥世] ジオパークセンターの職員として、パートで入ってて。青海苔の養殖をしている、今シーベジタブルっていう会社になってるんだけど、高知大学で、その栽培漁業みたいなベンチャーで立ち上げてた会社の人が元々私の弟の知り合いで、それこそ事務系のお仕事とかをしながら、ジオパークセンターに週に4日ぐらい行ってたのかな。それ以外にも結構ね、室戸にいるときは全部で15個ぐらい仕事してたと思う。

[望] 何足わらじを履いてるの?っていう。

[祥世] 一回だけしかない仕事とかもあったんだけどね。ユズ摘みに行ったり、旅館の手伝いだったり。室戸はお遍路さんがいっぱい来るから、結構すごい忙しくなる時期とかがある。

[望] うんうんうん。

[祥世] 大体ジオパークセンターで働く時間が9時5時とかだったから。朝6時から8時半ぐらいまでの間、旅館で朝ごはん配膳したり、お布団上げたりとか、お風呂洗ったりとか。で、夕方にジオパークの仕事が終わってから6時ごろにまた旅館に行ってご飯出したり、お布団敷きとかを手伝いに行ったりとか、まあ後は、ドライフルーツ作ってる人のお家にお手伝いに行ったりとか、ガイドやったりとか、そんな感じ。

[望] なんかそういう細々というか、小さな仕事すごいいっぱいありますよね、田舎は。

[祥世] ある。ほんとにある。もうほんとにちょっと、手伝ってほしいみたいな仕事って山ほどあって、私とか結婚もしてないし子供もいないから、あの人頼んだら来てくれるよっていう話がどんどん広がって行って。

[望] (笑)

[祥世] 履歴書なんか一回も書いたことないもん。

[望] 分かる分かる、なんでも屋というか、知り合いの知り合いとかぐらいでも、あ、いい人だよ、みたいな感じでね、すぐ。

[祥世] なんかそれで結構回ってた。すごい楽しかったのはね、和菓子屋さんのあんこ炊き(笑)

[望] へえー。

[祥世] 一カ月に一回まとめてドンって何十キロとか炊くんだよね。私含めて移住者の人ばっかり3人ぐらいがね、交代で手伝いに行ってた。

[望] たぶん都会にいたらしないというか、できない。できないことはないですけど、しないだろうなっていうね。

[祥世] すごい楽しいし、飽きないし、結構いろんなことさせてもらえるから面白かった。

[望] うん、うん。飽きない。飽きない、確かにね。
 すごいですよね、ずーっとだってセラピストやってたのに、それがガラッと変わってなんかいろんなことをできるっていうのもすごいなと思って、適応能力。

[祥世] いやだって、普通の生活の延長みたいなことばっかりだから、そんなに特別なんかしないといけないとかじゃないしさ(笑)
 セラピストってなんか基本、お部屋の中にずっといるじゃん。

[望] うんうんうん。

[祥世] あっちこっち出て行けるのは意外とそれはそれですごい面白かった。

[望] ああー。いいですね、楽しんでできるのが一番ですね。
 どこまで来たっけ、あ、室戸まで来た。さあ、室戸から今度こそ?

人から人へご縁がつながり 好きで通っていた土佐山アカデミーへ

[祥世] そうそう(笑)私、元々田野町にいるときから、土佐山アカデミーがやってる、こないだのんちゃんがやってくれたみたいなワークショップみたいなのがすごい好きで、田野から片道1時間半ぐらいかけて、月一ぐらいで通ってたんだよ。私たぶんワークショップにね、帰って来た年だけで10個ぐらい参加してるんだよ。

[望] おおおおー(笑)

[祥世] すごい好きだったんだよね。で、ああいうのを東のほうでもやりたいなって。

[望] うん。

[祥世] けど、だんだん室戸とか出て行っちゃって遠くなって(笑)忙しくなったから離れてたんだけど、たまたま自分の協力隊のときに担当してくれてた県庁の人が、今、土佐山アカデミーの事務局長やってる吉冨っていう人と知り合いで、あるときにたまたまお会いして、すごい好きで通ってた時期があったんですよ、みたいな話をした。

[望] うん。

[祥世] そしたら、イベントのときとか単発のお手伝いでもまた興味があったらおいでよ、みたいなこと言ってもらって、で、室戸から手伝いに来始めたのが2017年とかだったかなあ。

[望] ええ、ええ。

[祥世] 室戸からだから更に遠くなって土佐山まで2時間半かかってたけど。イベントがあってちょっと人足りないんだけど来れない?みたいに声掛けてもらったりしてるうちに、室戸でも土佐山アカデミーが起業のイベントやるときに場所探したりとかしていて、それこそ、生業とか副業の一つとしてた時に、アカデミーの事務の女の子が辞めることになったから、ちょっとそのまま手伝ってくんない?みたいな感じですね。

[望] 徐々に徐々に関わっていった感じなんですね?

[祥世] そうだね、だから元々は好きで行ってて、間に3、4年ぐらい開いてて、また行き始めたら最後のほうは週に3日ぐらい室戸から通ってたもん(笑)

[望] それは、高知市とかに住んだほうが早いってなっちゃうね。(笑)

[祥世] 車の運転好きだから辛くはなくて、結構車の運転中って考え事とかできるから。

[望] 分かります、それは。分かる。

[祥世] で、今に至る。

[望] 今に至る?高知市に引っ越して来たのは?

[祥世] 2018年の3月とかです。

[望] 2年前。高知県内でも移動してるから面白いですね。

[祥世] 15回ぐらい引っ越ししてるから。

[望] (笑)すごい。引っ越しの達人だ。

オキオカ移住女子インタビューライブ・第3弾
オキオカ移住女子インタビューライブ・第3弾

過去に向かっては生きられないから、今が一番若いわけだ。常に。今やるしかない

[望] 土佐山アカデミーにガッツリ勤めてるっていうことでいいんですよね、今。

[祥世] 一応職員なんだけど、事務局長やってる吉冨と私と二人しかいない。
 元々、籍を置きながら起業してる人とか、結構今まで歴代そんな感じで、副業も基本的にOKで、ほんとに小っちゃいNPOなんで、そのことだけやっててもほんとに先細りというか、新しい働き方そを自分達で作っていけたらいいよねっていう感じでやってるので、いい環境というか恵まれた環境で働いてる。

[望] 私もそうだけど、全然、公私の区別みたいなのないじゃないですか。

[祥世] ないですね、シームレス。

[望] 普通に夜とかでも仕事してるし、私も移住支援のNPOに出勤してるときはちゃんと時間決まってるんですけど、帰って来てからも移住のことしてたりするから、こういう働き方って、ほんと普通に会社員やってたら全然ない働き方ですね。

[祥世] お金にもならないし、なんか基本地元の人とかがそんな感じじゃん?土佐山とかも、おじいちゃんとかお天気さえ良ければずっとなんか作業してるし、雨降ったら雨降ったで屋内でできることをしてるし。

[望] うん。

[祥世] お勤め行ってる人も、お家が農業とかやってたら土日は手伝ったりしてるし、皆で集まって草刈りもするし、山から引いてる水の管理もみんなでしてるから、そのお掃除とかもお当番でするし。

[望] うん。

[祥世] なんだろうな、お休み、ない(笑)

[望] ない。

[祥世] 休みか言われてもよく分かんないんだよね(笑)

[望] うん。そう。そうなんですよね。休みの日何してるの?って言われても、んん?っていう、休み?仕事?って感じ(笑)

[祥世] 仕事、ね、なんか仕事が趣味とか言うと、大丈夫ですか?みたいに言われるけど(笑)

[望] そうなんですよね。だけどでもこれはほんと、こっちにいないと分かんないかも。私も普通に自分が広島にいたときにこういう話をされても、え?意味分かんないってなったと思う。

[祥世] やっぱそういうのは楽しくないと、続かないだろうし。すごいいいことしてるけど、超しんどそうみたいなところ人来ないじゃん(笑)

[望] (笑)確かに。

[祥世] すごいしんどそう、みたいなの一番嫌(笑)

[望] 嫌だなそれは(笑)

[祥世] 関わりたくないよね(笑)

[望] いっつもあの人疲れた顔してるとかね、辛い。

[祥世] 眠そうぐらいだったらいいけど。

[望] 忙しそうだなあとはすごい言われるね、祥世さんもそうだと思うけど。

[祥世] うん。忙しい、けどどうなんだろう。仕事作るのが仕事みたいな感じだから。あることやってて忙しいとかじゃないから、実際は忙しいっていう感じでもないですけどね。

[望] 充実してる?

[祥世] 追われてはいるけどね。能力なさすぎで。(笑)

[望] いや、でもやりたいことがたくさんあり過ぎて、ついていけないっていう……自分が自分についていけない。

[祥世] のんちゃんなんかまだいいじゃん、10年あるよまだ。私の歳になるまで(笑)

[望] 10歳も違うって信じられないけど(笑)

[祥世] 過去に向かっては生きられないから、もうこの先の人生で考えたら、今が一番若いわけだ、常に。

[望] そうそうそう。

[祥世] ね、今やるしかないんだ。

[望] 先輩の言葉沁みるわ(笑)
 でも私の周りほんと70、80のおばあちゃんから、まあ、下の友達って10代はいないけど。でもいろんな幅の年齢の人と接する機会がこっち来てからすごい多くて、いろんな立場のね、起業してる人もいれば会社員の人もいればっていう感じで、それがすごい面白いなと思ってて。
 で、40代50代、ほんとすごい元気で頑張ってるとかキラキラしてる、キラキラって言うとなんかあれだな。すごい目標としたいような女性が身近にいるから、祥世さんもそうだし、だからそれこそ自分の10年20年先楽しみだし、そこに向かって頑張ろうっていう気持ちをすごいもらえるから、有り難いですよね。

[祥世] もう先行ってるよ、だいぶ(笑)

[望] (笑)そんなことない。

[祥世] だいぶ先走ってるよ。

[望] とんでもないですよ。真似したいなって思うことがたくさんある。
 高知の女性だから、ん?……高知に惹かれる女性だから? 分かんないけど、すごいパワフルな人がやっぱ多いなと思いますね。

[祥世] 女性はね。

[望] 地元の人は、はちきんとか言われてるもんね。

[祥世] 言うよね、なんか、あんまり、(笑)

[望] え、あんまりなんですか?それ言われるの。

[祥世] あれ意味知ってる?はちきんの。

[望] え、知ってる、知ってますよ(笑)言わないけど。

[祥世] 言わないけど。

[望] 気になる人はググってくださいね(笑)
 まあ高知の女性はね、強いって言われてますよ、ほんとに。

[祥世] じゃじゃ馬みたいなことだよね、たぶん。分かんないけど。

[望] そうだね。基本的に男の人より強いね。

[祥世] みたいに言うよね、かかあ天下とかもそうだしね。

何かやりたい人達がちょっと思い出して行きたくなる場所にしたい。高知にそういう人達が集まれば、すごく面白くなるだろうな

[望] さあ、そんな祥世さんが、これから、例えばやってみたいなってことは?
 これ移住に関わりなくてもいいですし、土佐山アカデミーでやりたいことでもいいですし、個人的にやりたいっていうことでもいいですし、そういったものがありますか?

[祥世] アカデミーでやるか自分でやるかみたいなところって私ももう今あまり区別がないんで、どっちでもできるなとは思うんですけど、去年も大きな企業さんとかと研修とかでご一緒させてもらう機会があって、さっきののんちゃんの話とかもそうだけど、なんて言うのかな、今で言うリモートワークとかもそうだし、ワーケーションって言って、ワークとバケーションを兼ねてできるみたいな制度がちょうど働き方改革で進んでて、そこに向けてそういうプランを作るみたいなプロジェクトですけど、全部、今はコロナで止まっちゃってて。
 行きたかったのに、みたいな人達……フラストレーション持ってる人たちがいて、じゃあもうコロナで来れませんでした残念終わりみたいになったらもうそれっきりになっちゃうから、その後もずっと週に一回ぐらい、別に仕事じゃないんだけど、オンラインでいろんな話をして繋がってた。
 で、私自身はもう、移住って要するに引っ越しでしょ、くらいな感じで。

[望] (笑)それはわかる。

[祥世] なんかあったときとかに、こう、ちょっと思いだしたら行きたくなる所に高知があったり、いろんな人のそういう所になってったら、高知にすごい面白い人がいっぱい来るのになと思っていて、なんかやりたい人達とかが、こう、行きたくなる場所にしたい。

[望] 行きたくなる場所。

[祥世] 土佐山は高知市だけど、ちょっとやっぱり田舎っぽい所も残ってて、フィールドも使わせてもらえるし、人を必要としてくれてる人もいるし、今で言ったら関係人口とかそういうことだと思う。

[望] ああ、うんうん。

[祥世] 今あるカテゴライズにはまらなくてもいいと思ってて、そういう人達が来れるような、なんか関われるようなものを作りたいなっていうのはここ2、3年ぐらいずっと思ってる。

[望] うん。

[祥世] それこそ四万十でもいいと思うし、そういう動き方をする人がとにかく高知に行ってみたくなると、すごい面白くなるだろうなと思っていて、そういう動きを作っていきたいなという風に思っています。

[望] おおー。ありがとうございます。実際に動けない今だから、どうしようっていうのは私も思ってて、だからオンラインでもできることを続けて行くことが大事なんだなあって思ってます。ここで途切れさせるんじゃなくて、実際このライブやってるのもそうなんですけど、なんかやってるよっていう、ちゃんと繋がる意思があるよ、って。自由に行き来できるようになったら、一番に行きたい所って思ってもらえるようになったらいいな。

[祥世] うん。

[望] そのタイミングがいつになるか分かんないですけど、まだ。そういうのを大事に、私も頑張ろうって思いました、今聞きながら。また一緒になんかできたらいいな。

[祥世] いやもうやりましょう、いろいろ。

[望] うん。

[祥世] 聞いてくださってる皆さんも是非ご一緒に、ですね。

[望] 祥世さん、ありがとうございました、本当に。

[祥世] 最後はこんなオチで。(笑)めっちゃ高いハードルをこうなんか越えられなくてくぐって通ったみたいな感じになってます。

[望] とんでもないです。大丈夫です、私が楽しかった。

[祥世] よかったです。私も楽しかった。

以下の3ステップで登録を済ませておくと、インタビューライブを手間なくお楽しみいただけます。

1. 移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」Facebookページに いいね!

2. メルマガ『オキオカ移住女子からのお便り』に登録
※ライブ配信やアーカイブ動画配信のご案内、ライブでは話さなかったここだけの裏話も!

3. LINEに友だち追加する
※質問やご感想もこちらにいただけると嬉しいです♪

四万十でおいしいお茶をつくりたい~オキオカ移住女子インタビューライブ・第1弾

このライブ配信では、オキオカオーナーの高濱望が、生き生きと暮らしている先輩移住女子にインタビューをして、こんな生き方もあるんだ!と、これから移住したい女子にワクワクをお届けしていきます。

  • なぜ田舎へ移住しようと思ったのか。きっかけは?魅力は?どうやって移住先を見つけた?
  • 今どんな暮らしをしているのか。仕事は?人間関係は?恋は?
  • 楽しんでいること、悩んでいること。
  • これからこんなことをしたい!こんな風に暮らしたい!

6月27日(木)20:00~ Facebookページでオキオカ移住女子インタビューライブ配信・第2弾をしました!

ゲスト:森田はるか 2020年3月に高知県四万十市へ移住。静岡県浜松市出身。
お茶に目覚めたのは大学時代。2019年に日本茶アドバイザーの資格を取得。
お茶の色々な楽しみ方をお伝えできればと思います。


<インタビュー内容の一部をご紹介>

四万十に来る前は? 静岡→岡山→東京で引っ越しには慣れてた

[インタビュアー:高濱望(以下:望)] というわけで、はるかちゃんの紹介を、私が言うのも何かあれなんですけど。3月から四万十に来てくれまして、静岡出身で、今お茶を入れてくれてます。自分で自己紹介をお願いします(笑)

[ゲスト:森田はるか(以下:はるか)] 2020年3月に四万十市に移住して来ました森田はるかです。よろしくお願いします。静岡県出身で……さっき言ったよね(笑)。静岡県出身で、ここに来る前は東京の方で働いていました。で、こっちに来て、お茶が好きでお茶を作りたいなあって気持ちがあったのと、私運動音痴なんですけどサーフィンを、せっかくこっちに来たらやりたいなと思ってて、その二つをじっくり、これからやっていきたいと思っています。今はアルバイトをしながら就職活動中です。こんな私です、よろしくお願いします。

[望] よろしくお願いします。東京で働いてた。住んでたのが千葉?

[はるか] 住んでたのが千葉ですね。

[望] 静岡出身で、静岡から千葉なんだっけ? その間もあった?

[はるか] いや、全然その間も色々あります。静岡に行って、それは高校生までなんですよ。

[望] あ、そうなんだ。

[はるか] で、高校生になったら静岡なんか出たいって思ってて。なんかとか言っちゃったけど(笑)。出たいと思ってて、秋田県の大学に行って、そこから普通に就職して、最初の配属が岡山県だったんですよ。だから岡山に行き、そこで2年間働き、そこから「本社に行って~」という風な辞令が出たので、東京の本社に行って、3年間そこで働いていたという感じで。色々……。

[望] 結構引っ越し慣れてるよね。

[はるか] 引っ越しは慣れてますね。結構色々やってますから。

[望] 今何歳でしたっけ?

[はるか] 29歳になりました。

[望] 今月、6月が誕生日だったんですよね。

[はるか] そうなんですよ、お祝いして頂きました。ありがとうございます。

[望] 今月もう終わっちゃうよ。

[はるか] ヤバいですよ。

[望] 色んなことが起きてて。

[はるか] ですよ。

[望] そう。こっち来てからまだ3ヶ月なのに、本当に多いというか、色んなことがあって、本当に多すぎる。何か本当に、まだ3ヶ月って感じで。

[はるか] 3月からだからもう4ヶ月か。

[望] 2年ぐらい一緒に居る感じがするもん。

[はるか] 結構速攻で慣れました、ここに。

[望] そうそう。どこに行っても大丈夫なタイプだよね。

お茶をやりたいと思ったきっかけは、自分の淹れたお茶が渋かったから

[望] でも今チラっと出たけど、四万十に来る前はどんなことをしてたんですか?

[はるか] 会社勤めは普通にしてたんですけど、メーカーに勤めていて、いわゆる金属のメーカーというちょっとマイナーな感じのところで。岡山では2年経理をやって、その後3年間東京で営業をやって、というようなことをやってたんです。だからさっきからお茶やりたいとか言ってる割には、お茶のことを全然やってなくて、こっちに来てお茶を真面目にやります、みたいな。そんな感じで、自分でもびっくり。

[望] そもそもお茶をやりたいというのはいつからだったんですか?

[はるか] お茶をやりたいというのは、本当にやりたいと思い始めたのは社会人になってからですね。静岡出身で、毎日のようにお茶は確かに飲んでたんです、親が淹れてくれて。で、ふーんみたいな感じでいつも飲んでて(笑)。

[望] 日常でね。

[はるか] 当たり前のことだったんですよ、毎日毎日飲んでるから。ただあまり自分で淹れたことはなくて、そうなんですよ。あまり淹れ方分からないなと思ったときに、大学生のときに周りにいた静岡県民の人たちがみんな急須持ってお茶淹れてるから、それって当たり前のことなのかなってやっぱり思って。

[望] 急須持ってたんですか?

[はるか] 私は持ってなかったんですよ。

[望] 持ってなかったんだ。

[はるか] 自分で淹れるという習慣がなかったので、親に淹れてもらってたんです、そのときは。で、社会人になってせっかく東京って周りにお茶屋さんいっぱいあるし、自分で淹れられるようになりたいなと思って、ちょっとしたセミナーに行ったのがきっかけで、めちゃくちゃおいしいと思うようになった、お茶が。

[望] 正しい淹れ方をして。

[はるか] そうですね。そこからどんどんハマっていき、アドバイザーの資格を取り、煎茶道という、アドバイザーとは毛色が違うんですけど、そういうものも始めて。というように色々やっていく中で、お茶実際に作ってみるのも面白そうだなと思って、探し始めた感じです。お茶に関わって生きていけたらなと思って。

[望] 意外と静岡、そんなにアレだったっていう(笑)。

[はるか] そうそうそう(笑)。静岡県民の人が居たら本当に申し訳ない。

[望] 東京で習ったという(笑)

[はるか] 静岡のときは本当に恵まれ過ぎてて。

[望] でもそもそもずっと日常で飲んでたから、本当のお茶のおいしさを知ってたって言ってたよね。

[はるか] おいしいのが当たり前だったんだけど、自分で淹れたらめちゃくちゃ苦いしみたいな。何でこんな渋いのってなって、そこからです。

高知が一番しっくりときた。私呼ばれてる

[望] ちょっと待って、今コメントめっちゃ来てたわ。

[はるか] すごい、本当だ。ありがとうございます。

[望] ありがとうございます。何かツッコミがあれば、またお願いします。で、何だっけな。

[はるか] お茶。

[望] そう、お茶の話。お茶のきっかけを今話した。

[はるか] そうですね。

[望] 四万十に来ることになりましたが、その四万十に来ることになったきっかけは、お茶をやりたいからなんだろうけど、四万十とお茶ってどういう風に結びついてたんですか?

[はるか] そうなんですよね。最初は岡山に住んでた時期があったんですけど、その時点で結構西日本とか暖かい地域良いなという風に思ってて、その暖かい地域の中でお茶を作ってる、お茶の産地どこがあるんだろう。で、リストアップしたんですよ。で、もちろん京都とかもあるし、福山とか宮崎とか鹿児島とか。

[望] 割と色々あるんですね。

[はるか] 色々あります、岡山とかもそうだし。で、その中に高知も出てきて、高知でも作ってるんだあって感じに思って、そこで繋がったんですよ。で、高知の中で四万十っていうところが、仁淀川っていうところでもお茶作ってるんだあとか。

[望] その中から四万十を選んだのは? やっぱサーフィン?

[はるか] サーフィンもあります。サーフィンが出来るところ、海の近くがいいなあ。且つ、太平洋側がいいなあ、という。それは完全に好みですけど、単純に私の。太平洋側いいなあと思ったときに絞れたのが、高知県と、宮崎、鹿児島あたりで探し始めたんですよ。そこで、実際に行ってみないとどんなところか分からないしと思って、宮崎もぐるっと一周したり、鹿児島遊び行ったり、高知も一周して、色々見たときに、高知が一番しっくりきたというか。それで高知いいなあ、もしかしたら高知かなあ。私呼ばれてるのみたいな。

[望] いや大事だよ、実際の感覚。

[はるか] 大事ですよね。本当は一番、宮崎に実は行きたかったんです。

[望] ああ、言ってたね。

[はるか] 宮崎はあまり話が進まなくて、移住に関しての話が。で、ちょうどそこで出会った、お茶屋さんで会った人が、そういう縁ってあるよねみたいなことも言ってくれて、そうですよねと思いつつ、高知に来たときに、結構トントンと話が進んで、それこそシェアハウスやろうと思ってるんだ、みたいな話が出てきて、あっこれじゃない? っていう風に、

[望] なるほど。うちも決め手になって嬉しい。

[望] そうそう、もちろん。これじゃね? っていうやつじゃないみたいな。って思って決めたって感じですね。

[望] 高知って話早いんだよね、なんかね。

[はるか] らしいですね。

[望] 話進むときはめっちゃ早いから、あれ? みたいな。気がついたら話進んでたみたいな。

[はるか] もう逃げられないみたいな。

[望] そうそうそう。そうかもしれない。ちょっと行動したら、トントントンって進んじゃうフシがあって、そうだね、それだね。

[はるか] 助けられてるのかも、もしかしたら。

[望] 流れに乗っちゃって。

[はるか] 流れに(笑)。

[望] 本当にそういう感じだっていうのがね。だって9月に、はるかちゃんがゲストハウスに泊まりに来てくれて、その1泊だけだもんね、言ったら。

[はるか] 確かに。

[望] それでよくシェアハウスに来る気になったよね。

[はるか] こんにちはみたいな。

[望] 面白い、流れを楽しんでる。そういう何かタイミングとか本当、大事だなあと。思います。はい。さて、そんな四万十とお茶の繋がりが分かりましたが、実際にこっちに来たのが3月で、そこから、いなかパイプさんのインターン。

[はるか] そうなんですよ。

いなかパイプさんのインターンでお茶の現場で働いて

[望] で、実際にお茶の現場に行って、それはどうでした?

[はるか] 茶工場に入って。面白かったですね。静岡県民と言えど全然お茶関係のことはしてこなかったんで、本当に初めてお茶の製造現場に入らせてもらって、こんな感じなんだというのを実体験出来たのは、中々面白かったなという風に思いました。でもやっぱり静岡でのお茶ってお茶農家さんが工場持ってやってるようなイメージが強かったんです。だけどこっちの方は個々にお茶農家さんがバーって居て、そのお茶を農協が集めてお茶にして加工してるっていうような感じなので。

[望] そういう色々な地域の違いというのは? 何だろう。規模の違いなのかな。

[はるか] 多分そうだと思います。こっちは農家さんが本当に小さい。

[望] 面積ね。

[はるか] けど、静岡とか多分宮崎鹿児島なんかはもう、広い茶畑をそれぞれが持ってる感じなんだと思います。

[望] 中々ね、四万十は山々があって、広い畑で出来ないんだろうなと。高齢化というのもあるし。

[はるか] 本当に山だからというのはあると思います。切り開いただけで尊敬します、私は。

[望] すごいよね。そんで、お茶の時期は過ぎましたが。

[はるか] そうなんですよ、お茶が終わっちゃって。

撮影:はるかちゃん

人とつながれる人は、ちょっと人足りないんだけど、みたいな仕事の話がめっちゃくる

[望] 今はどんなことをしてますか?

[はるか] 今はアルバイト中なんです。

[望] それも短期のバイトだから、その後のことも考えなきゃというところですよね。

[はるか] そこがね、今の課題ですね。

[望] そうですね。やっぱね、仕事と、まあ家か。家はうちがあるから大丈夫だとして。

[はるか] ありがとうございます。

[望] 仕事さえね。

[はるか] そこですね。仕事ね、意外と仕事ないことはないですよね。こっち来て思ったのは、ないことはなくて。

[望] 結構色んな話をもらってる。

[はるか] そうそうそう、選ばなければ本当に。色んなところで仕事は。

[望] 人と繋がれる人は、どんどん知り合いのツテから、ちょっと人足りないんだけど、みたいな話がめっちゃ来る。

[はるか] そうそうそう。

[望] はるかちゃんとか私経由でもめっちゃ来ることあるから。

[はるか] そうなんです。

[望] 何かね、若い子欲しいみたいなのがあるんだと思います。

[はるか] そうですよ。あとは、自分がお茶やりたいっていう方向性と、どれだけこの仕事の内容を合わせていけるかみたいなところで、今悩んでるかなっていうぐらいで。

[望] 本当にね、話早いんですよ。

[はるか] 本当ね。

[望] お茶がやりたいって言ったらこのお茶畑はどう? みたいな。

[はるか] 色々ありますよね。いろんな話があって、まだ見てもないんだけど、みたいな。

[望] めっちゃ面白いですよ。それは高知ならではかなと思って。

[はるか] そうなのかも。

[望] 私もゲストハウスやりたいって言ったらこの家がね、タイミングよく。

[はるか] そうなんですね。本当にここ快適。

[望] やりたいって口に出しとくっていうのは大事かなって。人に伝えるというのは、そこからどんどん繋がっていくので。そんな感じで順調だか何だか、どうですかね。順調なのかな。楽しいかな? シンプルに。

[はるか] 楽しい、楽しいです。

[望] 良かった良かった。

[はるか] 楽しいです本当に。来たかった田舎に来れたし。そう、元々は田舎に来たくて。

[望] 私びっくりしたのは、鉢植えをいっぱい持ってきてて。だって一人暮らしを千葉でしてたのに、この鉢植え一体どこにって思って。

[はるか] 本当はベランダって何も置いちゃいけないんですけど、ベランダに全部バーって花置いて、7~8個。

[望] アボカドとかね。

[はるか] そうなんですよ、ちょっとアボカドを育ててるんですよ。自分ちで作れたらいいなと思って。出来るかな。

[望] どうなんだろう。

[はるか] やってみたいなと思って。

[望] 出来たらいいよね。

[はるか] そう、出来たらいいですよね。そうなんですよ。

[望] 田舎暮らしを楽しんで、色々悩みはまだまだこれから先もきっとどんどん出てくるしどんどん変わっていくし、でもその都度楽しんでいけたら、頑張っていけたらいいかなって。いいかなって私が言ってどうすんのって感じだけど。私もそうだよ。私もまだ全然悩みいっぱいあるけど、その都度その都度頑張って。

[はるか] そうですよね。頑張っていくしかない。

[望] そうなんです。幸い助けてくれる人いっぱいいるから。それが本当、こっち来てから良かったなあって思いますね、はい。もう27分なんだ。

[はるか] そうなんですよ。

[望] めっちゃフリートークしてた。

オキオカ移住女子インタビューライブ配信・第1弾
オキオカ移住女子インタビューライブ配信・第1弾

こういう仲間との繋がりを作りたかった

[望] あ、そうそう。これ一応聞いとく? こっち来て、予想してたのと違ってること。思ってたのとギャップみたいなの。

[はるか] 一番のギャップは、意外と若い移住者の人いっぱい居るなというのは本当にすごく感じました。意外と居るじゃんと思って。

[望] 20代30代。

[はるか] 20代30代。私がここに、オキオカに居て望さんの近くに居るからかもしれないですけど、もっと全然居ないものだと思ってた、私は。

[望] 本当に? どう考えてもおんちゃん(※おじさん)とかの方が多い。地元の人は。

[はるか] 確かに。本当にここに望さんがいるから、他の協力隊の方々に出会えたりとか。こんな移住して来てる方居るんだって、素直にすごくビックリ。

[望] そうなんですよね。結構みんな女の子はフットワーク軽いなと思います。20代30代。

[望] でもやっぱ、類は友を呼ぶ(笑)。

[はるか] 類は友を(笑)。そういうこともあるのかな。

[望] 私も仲間は欲しいしね。

[はるか] ああ、本当にね、確かに。

[望] 同士だから話し合えることもあるだろうし。

[はるか] 歳が近いから分かることもあるし。

[望] そうだね。こういう繋がりを作りたかったと思う。こっちでは本当におんちゃんとしか喋ってないみたいなときあった。もちろん結構楽しいんですよ、おんちゃん良くしてくれるし、楽しいんだけど、段々自分の若さを吸い取られてる感があって、このままではイカンなと思って(笑)。

[はるか] めっちゃ分かります。

[望] でも本当に今楽しいので、ありがたいです。

[はるか] こちらこそありがとうございます。

以下の3ステップで登録を済ませておくと、インタビューライブを手間なくお楽しみいただけます。

1. 移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」Facebookページに いいね!

2. メルマガ『オキオカ移住女子からのお便り』に登録
※ライブ配信やアーカイブ動画配信のご案内、ライブでは話さなかったここだけの裏話も!

3. LINEに友だち追加する
※質問やご感想もこちらにいただけると嬉しいです♪

山茶を摘んで炒って揉んで干して作りました!

うちの裏手におそらく自生している?お茶の木があるので、
葉を摘んで炒って揉んで干してお茶を作りました!
本当は火を焚いて釜で炒るのですが、うちはフライパンです(笑)
たくさんの量をいっぺんには作れないので、この日もちょっとだけ。

なんちゃって自給自足ですが、こんなことがさくっとできてしまうのはまわりの自然が豊かなおかげです。
そんなお手軽なお茶作りをご紹介します。

摘みます

これがお茶の木の葉っぱ

うちの裏手の栗畑の隅っこにあるお茶の木が自然のままに生えています。もしかしたら大家さんが前に植えたのかもしれません。去年は気づかずに草刈り機で刈り飛ばしてしまったのですが、元気にまた生えてきてくれました。

ちなみにお茶摘みの季節はGW頃。すでに伸びすぎていますが、自家消費分なので問題なしです。

『一芯二葉』を摘んでいきます。と言いつつ、やわらかそうなところは下のほうの葉でも摘んでしまいます。自家消費ですし。

何しろ消毒などしていない放ったらかしの木なので、虫がついていないか気を付けて見ながら、かごいっぱいになるまで摘みました。

私は飽きっぽいので、黙々ととっても1時間くらいが限界。地元のおばちゃんたちは慣れているので手の動きもすごく早くて、すぐかごがいっぱいになります。

お茶の時期はお茶摘みのアルバイトがあるくらいなので、手摘みのお茶農家さんたちは本当にすごい手間暇をかけてお茶を作っています。そう考えると、一本130円くらいで売られているペットボトルのお茶っていったい何なんだろう……という気持ちになってきますね。

炒ります

とってきたお茶はそのままフライパンで炒ります。うっかり焦がしてしまわないようにこまめに動かしましょう。

あっちこっちに飛んでいくので、手で混ぜることにしました(笑)もっと大きな中華鍋などだと取り扱いが楽だと思います。

揉みます

写真に映っている彼女(はるかちゃん)は日本茶アドバイザーの資格を持っていて、いろんなお茶の話を教えてくれました。

新芽だったらやわらかいので揉むのも楽なんですけど、すでに葉がかたくなっているので、なかなかまとまりにくくて苦戦しました。

でも、揉んでいる時のお茶の香りは本当によくて幸せな気持ちになります。

乾かします

そのまま天日で乾かします。

量にもよりますが、晴れて湿気の少ない日なら、半日でも結構カラカラに乾燥してくれます。

完成

何日か後、完成したお茶を飲んでみると、ほっとするようなやさしい味でした。
色は薄いですが、しっかりとお茶の味がします。

うちに来たら是非山茶を飲んでみてくださいね。自分でもお茶づくりをやってみたい方はGW頃がねらい目ですよー。

ただいま夏のプチ移住・女性限定で先行受付中です!
特典がつくのは6月中の申し込みの方のみ! お急ぎください~

田舎暮らしプチ移住女子歓迎!夏の四万十ただいま8月受付中

ご宿泊予約は【田舎暮らしをしてみたい女子限定】とさせていただきます。
移住の予定は今はなくとも、田舎に興味がある、四万十が好き、都会での暮らしに疑問を感じている、自然のあるところに行きたい、そんな気軽な感じでも思いを持っていれば大丈夫です♪

コロナウイルスの感染拡大の状況によっては、ご予約のキャンセルなど臨機応変な対応をお願いいたします。

【ご宿泊可能期間】

先行予約が可能な日程はカラーマーカーのある日付です。
受付終了した日程は画像下で日付に打ち消し線を入れています。
基本は木~日曜日の週末となります。
※木曜日はチェックイン時間を19時以降とさせていただきます。ご了承ください。

1日、2日、6日、7日、8日、9日、10日、13日、14日、15日、16日、20日、21日、22日、23日、27日、28日、29日、30日

【料金プラン】

1泊素泊まり 個室5000円

※個室通常価格6000円のところ、プチ移住女子限定の特別価格です。ドミトリープランはありません。しばらく個室のみのご提供となります。

【7月中の予約特典】

★連泊割引 今だけ2泊目以降は4000円

★布草履&布マスク プレゼント!

【ご予約】

ご宿泊の予約やお問い合わせは以下のフォームでお願いいたします。
お問い合わせ後、こちらから宿泊可能かどうかのメールを返信させていただきます。
こちらから返信があるまで、予約確定ではありませんのでご注意ください。
万が一、返信がない場合はお手数おかけしますが、再度お問い合わせください。

チェックイン  16:00~21:00 ※木曜日チェックインは19:00~21:00
チェックアウト 10:00まで

プチ移住でどんなことができるの?

田舎暮らし初心者向け~最低限あると草取りがはかどる道具3つ

初めての田舎暮らし。初めての一軒家。
そうなると、初めて庭の草取りに挑む方もいるのでは?

草なんて時々、手で抜けばいいだけじゃん!楽勝だよ~
なんて、私も最初はそう思っていました。
抜いても抜いても生えてくる草とエンドレスに戦うことになるまでは。

移住1年目に「畑で草を育ててるんか?」と近所のおんちゃんに言われた私が最低限あると草抜きがはかどる道具をご紹介します!

ホームセンターに行っても初めて見る道具ばかりで何をどう使ったらいいのかサッパリわからない超初心者向けです。

私がこれがあれば楽に草取りスタートできるよ、と思う3点セットはこちら

  1. 作業用手袋(+ビニール手袋)
  2. ノコギリ鎌
  3. テミ

1.作業用手袋(+ビニール手袋)

作業用手袋はなんだっていいんですけど、しっかり自分の手に合ったやつが使いやすいです。軍手でもいいんですけど大きいと使いにくいので、女性は特に小さめサイズを用意しましょう。

最近はおしゃれなガーデニング用品もあるので、少しでも草取りテンションをあげたい人はかわいいのにしましょ。見た目大事。

素手でワイルドに掴むのもいいですけど、たまに草に毛虫とかついていて気付かず触ると痛い目に合ったりしますし、棘がある草もあるので、安全のためにも手袋をしたほうがいいです。

私はさらに中にビニール手袋をします。

手が使い物にならなくなるとセラピストの仕事で困るのでわりと気を付けています。

2.ノコギリ鎌

普通の鎌のようにつるんとしていない、ギザギザがついているやつです。買った状態だと土に対して水平なんですが、私はちょっと曲げて使っています。

こうすると使いやすいって農家さんに教えてもらって、確かにすごく扱いやすくなりました!

まだ小さくやわらかい草は表面の土を一緒に薄く削り取ります。

成長して根深そうな草は、土の下1センチくらいのところの根をごりごり切ります。こうすると表面だけ削るより、次に草が生えるのが遅くなるんだとか。

畑の野菜の株間とか、狭い場所は刃先を使います。

砂利やコンクリートの隙間に生えた草も、ノコギリ鎌の先で掘ります。万能!

3.てみ

これの名称をこっちに来てから初めて知りました。草を集めるだけなのでバケツでもちりとりでもなんだっていいんですけど、やっぱり専用道具は作業効率が違います。メッシュタイプのほうが余計な土を落とせるので重くならなくていいです。

とりあえずこの3つがあれば、今すぐ効率よく草取りが始められます。

あと、地味なポイントとしては

・日焼け対策は必須。

夏の日差しはあなどれません。帽子や日焼け止め、アームカバーなどは必須。

本格的に暑くなってきたら、時間も大事です。できたら草抜きは朝9時くらいまでの涼しいうちか、陽が落ちた後の夕方にやったほうがいいです。夕方は蚊が多いので、どっちかというと朝がオススメ。

・雨の後は草が抜きやすい

土が乾いて固くなっていると草は抜きにくいので、雨が降った後が一番、草取りはしやすいです。ただ、雨が降ると一気に草が成長するので、雨を待つか、先に抜くかは判断に迷うところです。

・草が小さなうちにこまめに抜く

当然なんですが、雑草が大きくなってしまうとその分、根が張って抜くのが面倒ですし、草の処分も大変になります。なるべく早く、こまめに草抜きをしてしまいましょう。

言ってる私が一番できてないんですけどね…。

最初から一気に広い畑を借りたりせずに、まずは少しずつはじめて、自分が無理なくお世話にできる畑の大きさを見極めるのも大事かもしれません。

私は栗畑の草刈りはとてもじゃないですが一人では間に合わないので、近所のおんちゃんにヘルプしています。

もちろん、ほかにも草取りに役立つ道具はたくさんあります。

電動草刈り機や三角ホーなどは私も使っています。

先日、うちでシェア暮らししている移住女子も電動草刈り機デビューしました!「早い~!これぜんぶ手で刈ってたら大変ですね」って。だよね。

重くない、しんどくない、メンテナンスも簡単、できるだけ楽に使える電動草刈り機を選んでるので、そんなに時間も体力も削られることなく草刈り作業ができます。

電動草刈り機を安全に体験してみたい女子も、プチ移住へどうぞ♪

休業中のゲストハウスでやっていたこと

今日はゲストハウスを4月1日に休業してからどんなことをしていたのか、をちょっとお伝えしてみようかな、と思います。

「移住&田舎暮らしのイメージ動画が完成」

私たちが自然の中で、どんな暮らしをしているのかお伝えしたくて、動画を作りました。写真よりも空気感をお届けできるかな。

動画の中で少しお話しているのですが、私たちは以前の暮らしにどこか違和感を覚えていました。

移住後の四万十の暮らしはとてもしっくりときていて、自分らしく日々を過ごせています。

同じように、今いる場所に違和感がある人は、ちょっと環境を変えてみると新しい自分を発見できるかもしれないから、そんな方に届くといいな、と願っています。

今すぐ環境を変えることは難しいと思いますが、近い未来の選択肢に移住があるときっと楽しいはず!

「畑に夏野菜の苗の植え付け」

昨年、夏に来てくれたゲストさんたちには、畑の野菜は好きに使って料理してOKにしていたのですが、これがとても好評でした。

使うだけじゃなくて、一緒に収穫したり、水やりをしたり、草抜きを手伝ってくれたり、ふだんできない体験を楽しんでくれたようです。

今年の夏もそんな楽しい時間をお届けしたくて、畑を耕し、夏野菜の苗を植え付けました!

外出自粛要請が出る前の頃、ふだんできない土いじりを楽しんでくれたプチ移住体験の女子

もう間引きが追いついていないミックスレタスは毎日のサラダに

「栗畑の草刈り&タケノコ掘り」

裏山にある栗畑の草刈り1回目を近所のおんちゃんに手伝ってもらってどうにか終わらせることができました。

草刈り機の扱いが下手なので、一人だとどうしても時間がかかってしまいます。頼れる人が近くにいるというのは本当にありがたいです!

猿にとられなければ、秋には栗拾いができるかもしれません。

4月頃は栗畑にタケノコが生えるので、見つけるとせっせと掘っていました。放っておくと竹林になってしまうので、大事な作業。もちろん掘ったタケノコは美味しくいただきました!

「小夏&文旦&ジンジャーシロップをおすそわけ」

庭に生っている小夏の実を、昨年はGWに来てくれたゲストさんにお土産でお渡ししたりしていたのですが、今年は鳥に食べられてばかりで悲しかったので、宅配でお届けすることにしました。

同じくうちで採れた文旦と、私がバイトに行っている有機農家「桐島畑」さんのジンジャーシロップもセットにして、おうちにいながら四万十へ旅行した気分を味わってほしいな、と。友人アーティストの作ったアマビエ様のおふだにメッセージも添えました。

そんなに数はたくさんは用意できなかったのですが、以前からつながりのある方や去年来てくれたゲストさんなどご縁のある方のところへお届けできて、喜んでいただけたことが嬉しかったです。

なにより、気にかけてくださっている人がいることは、本当に私自身の励みになりました。東京や仙台、広島、高知県内も。各地に仲間がいることがどんなに心強いか!

まだまだ頑張れそうです!

東京の美容室にもアマビエ様の御札

おわりに

ゲストハウスの休業は現在5月末まで延長しています。

今のところ、6月から再開の見込みというわけではなく、状況を見ながら動いていきます。

再開する時は、県内など近くのゲストさんや、長期のプチ移住希望の女性の方の受け入れから始める予定です。

お会いできるのを楽しみにしています!

田舎暮らしの虫対策~虫嫌い女子でも田舎に住めます!

暖かく過ごしやすい気候が続いている四万十です。

嬉しいですけど、ここからはあいつらとの戦いが始まります。

いえ、もうすでに始まっているのです。

あいつら=虫!!!!

※この記事中に虫の写真やイラストはありませんのでご安心ください。

田舎暮らしと虫は切っても切り離せないのですが、どうしても好きにはなれません。嫌なものは嫌!

外にいるのは仕方がないですが、家のなかへの侵入は私の目が黒いうちは絶対に許しません!

そんなんじゃあ田舎に住めないとか言ってくる人もいますが、どうしたらできるか考えればいいんです。対策をしましょう!

虫がわりと平気な人だって、刺されたり咬まれたりしたら嫌ですよね。

最初に覚悟しておいていただきたいのですが、四万十は虫が多いです。

たぶん高知県全体が、多いです。

我が家が山に近いからとかも関係あるとは思いますが、四万十市の街中でも、都市部や東北などの寒い地方に比べたら圧倒的に虫の天下です。それだけ自然が豊かで虫にとっても過ごしやすい場所なんでしょうね……。

心なしかドラッグストアの虫対策コーナーも充実しているような気がします。

そんな中から、移住4年目の私の虫対策の必須アイテムと、地味だけど有効な対策方法をご紹介します。

オススメ3大必須アイテム!

1.ムカ●コロリ

半年に1回、大体4月頃と9月頃に2箱ずつ買って、家の外に結界のように置いておきます。2階も窓の桟とかに置いておくと安心です。

半年を過ぎると効力がなくなるので要注意。

絶対に6月の梅雨や9月の長雨の時期の前に買い替えて置いておいたほうがいいです。四万十では4月頃から出てきます。

置いておくと近くで死骸が転がるのでちょっとビビりますが、確実に効いていることが実感できます。

2.ホウ酸団子

うちの地域は年に2回、健康福祉委員会の集まりで作っていて、それぞれの家に配られるのでありがたく使っています。これを置くとGが出ません。本当に。

市販のブラッ●キャップとかより効く気がします。

確実に乾燥させてから置かないと、湿気の多い場所なんかだとたまにカビが生えるのがちょっとネックです。

乾燥中のホウ酸団子。固まったらアルミホイルなどに入れて家中に置いておきます

3.凍せるスプレー

殺虫剤のように匂いがせず、床もべたべたにならないので重宝しています。

出てこないのが一番ですが、出てきたときは冷静に対処しましょう。

うちは自分の部屋とゲストさんの部屋と、共有スペースに1本ずつ常備しています。真っ白になって原型が見えにくくなるのも良いです。

殺すことの罪悪感もちょっと薄れる気がします。

地味だけど効果的な対策はこれ

網戸の穴をふさぐ

当たり前なんですけど、穴があると侵入してきます。

戸や窓を開けっぱなしにしない

当たり前なんですけど、開いてたら入ってきます。

食べ物を外に出しておかない

当たり前なんですけど、餌をあげるのはやめましょう。

最終秘密兵器「蚊帳」

夏の寝苦しい夜も、安心して眠りたいなら、これが一番です。

田舎のおばあちゃんちで眠っているような懐かしい感じも味わえます。

私は最初に住んだ家がなかなかハードだったので毎晩眠れなくて、見かねた友人が一人用のテントみたいな蚊帳を譲ってくれました。

今は使っていませんが、あると本当に気持ちが違いますし、夏にうっかり部屋へ蚊の侵入を許してしまった時にも活躍してくれます。

虫の話ばかりもあれなので庭のアマリリスの写真を置いておきますね

おわりに

虫は嫌いですが、庭には蜜蜂の巣箱を設置しています。今年の春は巣箱に入ってくれたので蜜蜂はかわいいです。はちみつ美味しいし。

しかも畑をやっていたら常に虫はいますし、見つけていちいちキャーキャー言ってらんないので、ある程度は慣れます。近くに飛んできたりしたら逃げますけど。

ただ、家の中には入らないでほしい。切実に。棲み分け大事。

先日から黒尊川には蛍がちらほら現れるようになってきました!

同じ虫でも蛍なら大歓迎です。

苦手なものは誰だってあるので(四万十に暮らして70年の近所のおんちゃんも蛇がダメだって言ってたし)、上手に付き合いながら、時に諦めながら、田舎暮らしを楽しんでいきましょう。

ちなみに、自分で退治をするのが嫌だからという理由で、虫退治をしてくれる旦那を探して結婚した移住女子もいます(笑)それはそれでたくましいですね。

虫嫌いでも田舎暮らしができるか、試してみたい人はプチ移住!

「みらいの宿泊券」クラウドファンディング終了~ありがとうございました!

支援やシェアなどご協力くださったみなさん、本当にありがとうございました。
支援してくださった方の名前とかはわからないのですが、四万十で会える日を楽しみにしています!

途中でリターンを増やすということで、桐島畑さんの野菜&ジンジャーシロップセットも用意させていただくことにしました。
こちらもリターンで選んでくださった方がいて、嬉しいかぎりです。7月以降お届けさせていただきます。

はじめてクラウドファンディングに参加させていただくことになったのですが、人にお願いしたり頼ったりが苦手なので、シェアの仕方もとても悩んだりしました。似たようなクラファンがたくさんあるのは知っていましたし、みんな大変だし、助けて~ばかりも疲れるだろうし。

それでも、旅好き、ゲストハウス好きな方が応援してくれたり、以前泊まってくれた方がコメントくれたり、友人が個人的にシェアしてくれたり、しんどいニュースが多い中で、コロナ明けが楽しみになった!と言ってもらえたりして、参加できてよかったなぁと思いました!

本当にありがとうございました。
これも、コロナがなかったら経験することのなかったことの1つかなぁ。

移住女子一週間は日常のような非日常のような

インスタグラムのほうで、4月6日から一週間、毎日の日常を写真とともに投稿してみたんです。
たった7日間でしたが、こんなことしてるんだね~とちょっと知ってもらえたかなぁ。
新型コロナウイルスによる影響で 日に日に変わっていく町の様子だったり、穏やかな田舎の日常だったり。

まとめてみました!

月曜日

月曜日の朝はゴミ出しのあと、草刈りからスタート🌱
昨日は庭でしたが、今日は裏山の栗園です。
入り口からもう足を踏み入れたくない感じの草むらが。

頑張りました!!
まだ倍以上の広さ残ってるんだけど、マキタの充電が切れるまでしか刈りません。
私の体力と充電2つ分が大体ちょうどいいくらい。

午後からはリンパケア
母娘で毎月、四万十町窪川から1時間ちょっとかけて来てくれてます。
最近はゲストさん用の和室をサロン部屋にしてて、
庭を眺めながらの施術はなかなかいいんですよ〜
私が適当にやってる松の木の剪定を、
盆栽やってるお母様に褒められました!🙌

夕方、畑のチェック〜
ジャガイモの芽が出てた!
先日、種まきしたニンジンとレタスにパオパオをかけたり、
草をむしったり、蜂の巣箱まわりをキレイにしたり、
なんやかんやしてたら日も暮れて…💦

漫画家ひがしやま先生
@higashiyamazon
のネームをチェックさせてもらって、送り返して〜ってしてたらこんな時間。
先生の漫画はいずれお披露目できるはず!楽しみに〜🎵

火曜日

お街へ出勤の日
“四万十市への移住を支援する会”という長い名前のNPO法人のスタッフもやってます!
事務所が街中にあるので、昨日みたいな自然の写真はないです💦
毎日草刈りしてるわけじゃないんだよ。

朝行ったら机にカッコイイマスクが置いてあって???
会長からプレゼント!ありがとうございます🙏

副会長もゲストハウス休業したこと心配してくれて、
NPOの出勤日数を増やしたら?って言ってくださって有り難い〜🙏

私あまり外で働く気はなかったんですが、
田舎とはまた異なるつながりができるので、
意外とやって良かったなーと最近は思ってます。

事務所の目の前には新しくオシャレな場所もできました!
はれのば” 今はオープンしたてなので、
お客さんが落ち着いた頃にオシャレカフェに行きたいなー
@cafe._n2
そして四万十牛の直営店も!!
@ibuki8929
一人焼肉!

お昼休憩にここのテラスでお弁当を食べたかったけど
人多かったんでいつもの公園へ。
木と水があって人がいないのでここめっちゃ落ち着く…お山へ帰りたい…

ガソリン入れて買い出しして、帰ったらパオパオがめくれてたのでかけ直して、
漫画家先生とやりとりして、動画編集して…
早くお披露目したいものがいっぱいある🎵

#とさターン
のボールペンは高知県の移住コンシェルジュさんからもらいました。
コロナウイルスが落ち着いたら移住する人は増えそうです。
男性やご家族で四万十市への移住を考えている方は
当NPOにご相談ください(宣伝)
女子はとりあえずうちにプチ移住に来てみたらいいんじゃないかな✨

なんにしろ早く収束してくれーって思って友人 @maripinoco の描いた #アマビエ をスマホのロック画面に設定しました。強そう!

水曜日

四万十町の有機農家“桐島畑”さんの #ジンジャーシロップ の加工のお手伝いへ
@kirishimabatake_kochi 
畑の人たちが野うさぎを捕まえたと聞いて🐰
まだ仔うさぎで可愛かった〜

都市部へ送る野菜の需要は増えているようで、畑組は出荷作業が忙しそうです。
こんな時だから無農薬の野菜を食べて少しでも健康に!という気持ちなんだろうなぁ。

先週は私も初めて出荷作業の手伝いに駆り出されたので、
ボーナスください!って社長に言うたら、
まだナス🍆の時期じゃないって返されました🤣
代わりに現物支給で野菜と種をもらいました✌︎(‘ω’)✌︎

ジンジャーシロップは生姜を洗って皮を削ってまた洗って切って煮て取り出して粗糖を入れて煮て〜瓶詰め〜ラベル貼り〜箱詰めまでほとんどアナログ手作業です。

黙々と同じ作業を続けられない性分なので、
私が喋りかけるのを黙々作業が得意な2人がいつも相手してくれます。
申し訳ない。
私がいない時はみんな黙って作業するから集中力すごいらしい…ほんとに私向いてないんですよ…やるけど。それなりのクオリティとスピードでやるけど30分くらいで飽きた〜って言う💦
それでも続けられてるのは、まわりのみんなが良い人たちだからってのが大きいです🙏

窓ちょっと開けてラベル貼りの作業してたら外から鳥のさえずりが聞こえてきて、平和だね〜なんて話したり、
動画を作ってるんだけど迷ってる部分があって〜って話をしたら、いろんなアイデアをもらいました!

もらったアイデアを忘れないうちに、帰ってから動画編集してたら、あっという間にこんな時間💦
あとで予告編みたいなの上げられたらいいなー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

移住女子シェア&ゲストハウス【オキオカ】(@oki_oka)がシェアした投稿

動画の予告編はこれ↓

木曜日

お街への出勤日✨
マスク率が一気に高くなったなぁって印象です。

お昼休みに喫茶ウォッチさんへ
今はテイクアウト営業中でした
@madoneko45 さんのお菓子はイベントとかで何度も買ったことはあるんですが、そういえば喫茶利用はしたことないかも💦再開したらお茶しに行きたい!

いつもの公園で、さくらマフィンを🌸

帰りに寄った「農園マルシェやまみずき」さんもコロナウイルス対策で扉を開けて入り口近くに野菜を並べる八百屋さん形式に。
@_marchelia_
ディスプレイがコンパクトでも見やすくて可愛い❤️
そしてこの大きな大根の存在感よ…100円!

仕事もちゃんとしてますよ(笑)
天気が良かったのでHP用の空き家の写真を撮りに行ったり🌞
オンライン面談どうですか?って企画書出したり。

もし高知県に緊急事態宣言が出されたら〜が実際にあり得そうで青ざめたりもしたんですが、正直ひとりでいるときにそんなニュースを聞かなくて良かったなぁって。
お店やってる先輩が、絶対に乗り越えてやる!って力強く言ってたので、私も頑張りたい💪

高知に来てから個人事業主や経営者の知り合いがびっくりするくらい増えて、そういうつながりに本当に助けられることが多いです🙏

金曜日

4月10日は四万十の日!

てことで四万十川を眺めながら草刈りしてたらタケノコ発見!
これは大変!と掘ってきました。
竹林になってしまう。

イタドリもあったので、採って全部となりのおばちゃんへ
イタドリ、食べるのは好きだけど下処理めんどいので💦
かといって放っておくと伸びて固くなって草刈りの邪魔になるし。
このへんでも採れるところが減ってきてるので、おばちゃんにあげると喜ばれます。win-winってやつかしら。
タケノコも一緒にね。

タケノコご飯はめっちゃ美味しかったです!
これを食べるためならタケノコの下処理はする。
ちょうど庭の山椒がいい香りをさせてたので摘んできて🌱

草刈りしてたら、香川県高松市の「だんらん旅人宿そらうみ」のオーナーさんが立ち寄ってくれました!
宿の名前は聞いたことがありましたが、初めまして〜😆
しかも犬連れ!イッヌの名前はショウくん!
なかなかカメラのほうを向いてくれなかったです(笑)

今日はとなりの小学校の体育館の雨樋を直しに大工さんが来たり、宇和島のリンパケア仲間とビデオ通話で作戦会議したり、家にいながらも珍しく人と会う日だったような❓

そうそう、ビデオ通話してたら、友人の子供たちが学校から帰ってきて、今日が誕生日だというので画面越しに #マトリョミン でハッピーバースデーを弾いたりしました🎵

マトリョミン教室もしばらくお休みしてるので、時々は弾かないとなぁ。

畑の見回りしたら、小夏が何者かに食い荒らされてました👿
小夏、去年はGWに来たゲストさんにプレゼントしてたんですけど、今年は消費が追いつかなさそう…折角たくさんなってるのに💦

土曜日

高知県は昼夜の外出自粛要請で、とりあえず家でできることをば。

リンパケアの予約も日時変更になったので、草刈りの続きをすることに!
近所のおんちゃんを助っ人に呼んだら、
さすがあっという間に終わりました\(^o^)/
私一人でやってたらたぶん3分の1くらいしか終わってないです。
ありがたや〜🙏
これで梅雨前くらいまでは草刈りの憂いがなくなったかな〜

ついでに鬱蒼としてたソテツも丸裸にしてやりました✌️
ちょっとだけのつもりが一気に切ってしまいました(笑)
真ん中の芽?みたいなのがまたすぐ広がってくるのでたぶん大丈夫🌱

昨日に引き続きイタドリとってたら、またタケノコを発見したので掘って茹でて天ぷらにしたり、茅をかぶせたまま忘れ去られてた文旦も見つけてしまったり。

畑の小夏がまた何者かに食い荒らされていたので、
こっちも早くなんとかしないと。
やっぱり猿かなぁ💦

さて、これからZoomで作戦会議です💪
前から使ってましたが、遠くにいても顔を見て人と話せることが今は特に嬉しいですね✨

日曜日

昨日に引き続き外出自粛中〜☂️
雨なので畑もできずで、一歩も外に出てません!💦

午前中にZoomで東京周辺の人と喋ってたんですけど、
自粛期間が長くなってきて、しんどい様子が伝わってきました。
地方はまだ間に合うから、こうなる前に今ちゃんと対策したほうがいい、とも。

午後は高知県内の仲間とやっぱりZoomで作戦会議!
同じ県内でも地域によってかなり状況にばらつきがあって、意識も個人でぜんぜん違うので、それぞれの判断が試されるし、判断するにしても正しい情報が必要だよね、と話したり思ったりしながら、馴染みのメンバーの顔を見て話せたの、よかった😊

そんなオンラインでの交流の合間に、近所のおんちゃんがタケノコやるっつって茹でたの持ってきてくれました!オフライン交流バンザイ🙌
しばらくタケノコ三昧です🎵

こういう交流がなくなるのは辛いなぁ。
地元の日曜市に出したけど雨で誰も来なくて売れなくて持ってきてくれたそうです(笑)私も自粛して行かなかったんだよ!
おんちゃんの採ったタケノコは地面にまだ深く埋まってる時にとってるから柔らかくて美味しいです✨
先の方はしょうゆかけて刺身にして食べました😋

写真があんまりないけど、畑の隅のフキのゾーンがかなり広がってたので昨日フキをとったんですけど、調理する暇がなかったです。またいずれ〜

雨がやんだらまたイタドリも生えてくるだろうし、ルッコラの種も撒きたいし、やることはたくさんあるんですよね…🌱

移住女子一週間は今日で終了。
特に需要とか考えずに始めたんですが、遠方の友人が楽しみにしてるよ、と言ってくれたり、今まで特につながりなかった人からコメントやメッセージをもらったり、思いつきでもやってよかったかなーって。
気が向いたらいつか、また!

水面下はなかなか右往左往してた一週間だったんで、
けっこう滲み出てました😂
不安とかあるといえばあるけれど、やりたいこともやらなきゃいけないこともたくさんあるし、困った時には相談できる相手がいるし、私は今できることをやるだけです💪

一週間こんな感じでした!
今はずっと家にいるので、また全然違った毎日を過ごしています。
タケノコ掘ったりイタドリとったり小夏をとったり、畑やったり草刈りしたりしながら、新しい仕事づくりを進めていたり。
GWが終わるころ、世界はどうなっているのかな。

休業のお知らせとクラファン「みらいの宿泊券」

2020.04.21追記
5月6日まで休業させていただきます。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、
4月いっぱいまでの期間、休業させていただきます。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
5月以降も状況次第で休業を延長させていただく可能性があります。

この数週間ずっと、どのタイミングで決断しようか迷いながら日々の情報を追っていました。

昨日、となりの宿毛市で感染者が出たこと、東京在住の人と電話で話をしてあちらの状況をリアルに聞けたこと(高知出身の方で、正直、高知に帰りたいけど自分が感染してるかもしれない状況では帰れない、と言われてました)で、決心がつきました。

なにより、周りのおばちゃんたちを不安にさせたくないというのが大きいかもしれません。
人の多い都会の現状を見るにつけ、四万十が人の出入りの少ない、のどかな田舎だからこそ今の平穏が保たれていることは間違いありません。
ゲストハウスに来ていただくことはとても嬉しいことですが、今は、お世話になっているおんちゃんおばちゃんたちが、穏やかに過ごせる日常を守っていきたいです。

数件ではありますが、直近である今週末までご予約いただいているゲストさんは受け入れ、それ以降の方には申し訳ありませんが、 お断りの連絡を入れさせていただいております。

現在、このような状況だからこそ、みんなで協力して未来へ希望をつなげたいという想いで、全国のゲストハウスが共同で「みらいの宿泊券を販売したい」というクラウドファンディングを立ち上げています。

うちだけではなく、全国のゲストハウスに泊まることのできる「みらいの宿泊券」です。

ゲストハウスが好きな旅人の方、
コロナウイルスが収束したら旅行に行こうと考えられている方、
いつか行きたいゲストハウスがある方、
何か応援したいけど動けなくてもやもやしている方、
良ければこちらの宿泊券で、一緒に楽しい未来を想像しませんか?

「みらいの宿泊券」の特徴3つ

  • 今よりは状況が落ち着いていると思われる「9~11月限定のプレミアムチケット」です。
  • 人へプレゼントもできます。
  • 宿泊券なしの支援(寄付)のみもできます。

各地にこんなにたくさん魅力的なゲストハウスがあるのかと、一覧を見ているだけでワクワクします!

宿泊業だけでなく、みなさん大変な時だと思います。
そんな中で、うちに支援して、と声を上げることにためらいもありますが、
発起人のまゆゆのメッセージの中にもある
「 今は先が見えず不安ですよね。けれども、安心して旅行ができる日を楽しみに、 ご支援くださると嬉しいです」という言葉。
ここに、うんうんと頷いたのは、私自身が旅人だからだと思います。

安心してみんなが旅行できる未来を、みんなで楽しみにできたらいいよね」
そういう想いで、私も参加しています。
少しでも先に楽しみがないとやってられるかー!って感じですよ。

みらいの宿泊券を使う未来を楽しみに、みんなで今を乗り越えましょう。

ここにいることに違和感がない場所

ゲストハウスオキオカが、移住女子シェア&ゲストハウスオキオカになってから、早くも3週間。

といっても、ハウスシェア中のはるかちゃんはしばらく「いなかパイプ」さんのインターンで不在なので、今は再びゲストハウス状態ですね。
そもそもコロナウイルスの影響でゲストもいないし、むしろただの一人暮らしですよ。

週末にはるかちゃんが帰ってきて、隣のおばちゃんと小学校の桜の下でお花見してた時に、
「こっち来てからどう?」って聞いたら
「楽しいです! ぜんぜん違和感ないです」って言ってて、
うん、それ、めっちゃわかる!って頷いてしまいました。

わたしも、来たばかりの頃から、四万十で暮らしてることにぜんぜん違和感がなかったです。
何年も前から住んでたの?ってくらい馴染むのが早かったな~ってことを思い出しました。周りのおんちゃんおばちゃんたちからも、1年目の時から、いま何年目?って聞かれるくらい、馴染んどるって言われてました。

はるかちゃんも、すでにめちゃくちゃ馴染んでます!
隣のおばちゃんが、早くインターン終わって帰っておいで、って言うくらい(笑)

この投稿をInstagramで見る

隣の小学校の桜がキレイに咲いてたので、隣のおばちゃんと 「花見したいねー」🌸 「したいね〜」 「えいね、やろかー」 ってことで、30分後…  まさかのカツオのタタキと天ぷら出てきた!!😆✨  これが田舎のおばちゃんのすごさよな〜 なんちゃない(何も無い)と言いつつ、ささっと用意してしまうの尊敬🙏 さすが私の倍の年月を生きてる先輩…ビールの飲みっぷりもさすが高知の女性(笑) ご馳走様でした〜美味しかった!  本当に今日は天気良かったし暖かいしちょうど桜も満開で🌸 はるかちゃんも帰ってきてたし、タイミングがよかったんです🎵 明るいうちからビール飲んで、ちょっと寝て💦贅沢な時間を過ごしてしまった(´∀`*)  #お花見 #桜 #廃校 #鰹のタタキ #天ぷら #タラの芽 #ごちそう #そとごはん #女子会  #シェアハウス #移住 #田舎暮らし #ゲストハウス #ゲストハウスオキオカ #高知県 #四万十市 #西土佐 #四万十川 #移住女子 #プチ移住 #自給自足 #畑 # 四国 #一人旅女子 #田舎が好きな女子と繋がりたい #自然が好きな女子と繋がりたい #旅が好きな女子と繋がりたい #高知が好きな女子と繋がりたい #移住したい女子と繋がりたい #自由が好きな女子と繋がりたい 

移住女子シェア&ゲストハウス【オキオカ】(@oki_oka)がシェアした投稿 –

これってどこでもそうなのか、私はほかの場所に移住したことがないからわかりませんが、高知だからな部分は多少あるんじゃないかなーと思います。

こっちの人、大体まず受け入れるんです。懐が広いというか、面倒見がいいというか。はじめましては人見知りする人ももちろんいるけど、何度か会えばすぐフレンドリーになるし、一度お酒を飲み交わせば「トギ」(方言で友達の意)になれます。うん、お酒を飲まないと喋れない、シャイなおんちゃんは多いかも。

もちろん、誰にとっても高知が、四万十が違和感のない場所になるかはわかりません。わたしには合ってるだけで、ほかの人にとってはそうじゃないのかも。

違和感がない≒ここにいる自分が好き

「違和感がない」ってすごく感覚的で、わかりにくいんですが、「ここにいる自分が好き」ってのがけっこう近い感じがします。ニアリーイコール。

わたしは、会社員でスーツ着てバリバリ仕事してる自分もわりと好きでしたけど、ある時「これ以上はいいや」と思ってしまって、男性ばかりの会社の中でバリバリ頑張って働いて上を目指す道もあったけど、そうしてる未来の自分をうまく想像できなかったし、魅力も感じなかったので、新卒で入った会社はサクッと辞めたんですよね。

その後も転職はしましたけど、興味のある仕事に就いて楽しくやっていても、人間関係にすごく恵まれた会社だったとしても、そこにいる自分に違和感を覚え始めたら、ダメでした。

「自分らしく働く」とか「自分らしく生きる」とか、今だとけっこう聞くフレーズですけど、たぶんそれをトライアンドエラーを繰り返して探してたんだろうな、と。

就活のときに自己分析とかも一応したはずなんですけどね。わりと無意味だったよね (接客やサービス業なんて絶対無理って思ってた…)。
興味のあることは変わるし、できると思ってたり好きだと思ってたこともやってみたら違ったなんてのもよくあることだし。

だったらとりあえず、悩むよりやったほうが早いし、合わないってわかったらそれだけでもやった価値はあるし、ダメなら辞めてすぐ次にいったらいいわけで。

多くの人はもしかしたら試さなくても判断できたりするのかな。
興味はあるけど、自分には向いてないだろうから、やらない、みたいな。
四万十で暮らしてみたいけど、たぶん違うだろう、とか。

私も昔はそういう考え方をしていて、
自分が個人事業主になるなんて無理というか、
そもそもそんな発想がなかったのでよくわかる。

だけど、頭の片隅でも心の奥底でも、
なんだか引っ掛かって気になっていることは、
ずっとくすぶっている火種みたいに、ふとした時にもやもやと出てきます。

それをずーっと後生大事に抱えて、
死ぬときに大きな後悔となってしまうのか、
どこかでその火を大きく燃やす決意をするのか、
それは自分次第なんですよね。

なんかよくわからん話になってきたんですけど、わたしは今のところ、ここにいる自分がけっこう好きなので、もうしばらくは居られる努力をしていこうかなーと思っています。

違和感がない場所を見つけたあと、そこを本当に自分の居場所にできるかはまた別の話だな、と思うわけです。
こればかりはいろんな事情やタイミングもあるんで努力だけではどうにもならないこともあるかもしれませんが(今回のコロナとかなー)、一緒に頑張っていこうって言える仲間たちがいるので、本当にまわりに恵まれていますね。

それはそうと、週末にうっかり花見しちゃって、畑の植え付けしてないな!

高知・四万十の移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」

移住女子がつくった高知・四万十の田舎暮らしvlogシリーズ動画30

YouTubeに上げた動画がついに30本に!

かなり手探りではじめた動画アップ。
誰が見てるのか、需要があるのか、これでいいのか、
迷いながら、なんだかんだ30本です。

折角なので厳選動画5本をピックアップ!

1.近所の畑で野菜をもらったよ

月に1回、地域の健康サロンがあって、車を持ってないおばちゃんの送り迎えをしています。
そのお礼に、と野菜をいただくことが多くて、この日も「野菜持ってけ~」と言われて畑にお邪魔した、そんな場面。

おばちゃんの「ありゃ!」はいつ聞いても可愛い。
なんとやわらかくおいしい大根でした。

2.四万十川が見えるおしゃれカフェ

一番再生数が伸びてる動画です。
四万十川を眺めながら最高のシチュエーションで、しかも美味しい&おしゃれ!「 SHADE TREE COFFEE 」さんのブログでもご紹介いただきました。
東京から移住され、林業家も営む素敵なご夫婦に是非会いに行ってほしい、お気に入りの場所です。

3.文旦を食べよう・剥き方編

ムッキーちゃんを初めて使いました(笑)
人に撮影をお願いして、自分が映っている珍しい回です。
家の裏の山にある文旦の木、来年も実をつけてくれるといいな。ほうったらかしだけど。

4.農園マルシェやまみずき

ここもよくお邪魔している、私のお気に入りの場所のひとつです。
農業に興味がある、という女子がいたら、とりあえずここに連れて行きます(笑)
「農園マルシェやまみずき」
いつでも笑顔で迎えてくださる社長さん、スタッフさん、農業女子、みんな素敵だから会いに行こう! そして野菜を食べよう!

5. 西土佐岩間のラーメン屋『kobi』

岩間沈下橋のすぐ近くに新しくできたラーメン屋「中華そばkobi」さん
やさしい味の醤油ラーメンが美味しい〜
西土佐なので、行ったら地元のおんちゃんおばちゃんに会うこと間違いなしの場所です。
天気のいい日はカウンター席で外を眺めながら食べるのもいいな。
看板娘ちゃんも可愛いので、会えたらラッキー!

こうして見ると食べ物ばっかりですね(笑)
でもやっぱり高知・四万十は本当に美味しいものが多いです!
自然の中で育ったものを自然の中で食べるから、なお美味しい。

そういうものをこれからも伝えていけたらいいな。

高知・四万十の移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」

インスタグラム#移住女子

最近はインスタグラムで日々の暮らしの様子やまわりの移住者さんたちの紹介をしています。

うちでシェア移住しているはるかちゃんのチャンレジも!

来て1週間のあいだに、シカの脚を捌いたり、畑にジャガイモを植えたり、地元のおんちゃんおばちゃんと交流したり、庭でごはんを食べてたら蜂の分蜂に遭遇したり、濃い毎日を過ごしてくれています。

「ここが居心地よすぎて、ここ以上にいい空き家を探せるのか心配です」と言わしめたので、私はニヤリ(笑)

そんな風に言ってもらえるとうれしー!

これからどんどんいい季節になっていくので、いろんなことをやりたいな~って話しています! とりあえず、今週末、晴れたら春の畑の植え付けかな。

高知・四万十の移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」

移住女子シェア&ゲストハウスへ生まれ変わりました

高知・四万十の移住女子シェア&ゲストハウス「オキオカ」です。

突然ですが、GUESTHOUSEオキオカがリニューアルしました!!

特に変わったのは「プチ移住」ページです。

見てこの可愛いロゴ!

チョークアーティストの 「Leo art Labo」さんにお願いしました。

わたしのわがままを聞いた上で、さらに良い提案もしてくださり、とっても可愛いく仕上げてもらえてめっちゃお気に入りです!

しかもかなりのハイスピードで頑張ってくださいました…!
もう高知市に足を向けて寝られません…。

以前、中村駅で撮った動画の黒板チョークアートも、Leo art Laboさんの作品。

高知市ではチョークアート体験講座もされてます。

四万十市の婚活イベントでチョークアート体験講座をされたこともあるので、また呼んだら来てくださるのかも???

春からの「オキオカ」

3月に入って怒涛の勢いで日々が過ぎていきます。

コロナウイルスの影響で3月の宿泊予約はほとんどキャンセルになったんですが、その分、新しいことに取り組む時間をもらってる感じです。

シェアハウスの『移住女子』の1人目として、千葉からはるかちゃんも来てくれました!

なんと昨年9月にゲストハウスに1泊してくれたところからのご縁です。

移住を考えていたはるかちゃんを、「家見つからんかったらおいでよ~部屋余ってるよ~」と軽くお誘いしたのがきっかけ。よく考えたらお互いまったく知りもしないのに(笑)でもそういうことって、ありますよね。

ほんとご縁だなぁと思います。

ゲストハウスは4、5月もGWもほぼ空いてる状況です。

是非泊まりに来てください、と積極的には言えないですが、来てくださった方には通常通り対応しています。これが正しいのかはわかりません。状況が変われば、柔軟に対応していこうと思っています。

私自身は幸い複業なので、いきなり収入が半分以下になるというわけでもなく、ぼちぼちやっています。

ただ、これが夏まで続くかもしれないことを思うと、今のうちに次のことを考えておかないとなーと。頑張ろうー。

やりたいことがぜんぜん追いついてないんですけど、助っ人のおかげで畑の準備はできましたし、農業に興味のあるはるかちゃんのおかげで植え付けも少しずつ進みそうです。すみません、わたし畑あんまり興味ないんだ……畑があるから作るけど、コツコツ育てるのとかまったく向いてない!

そうこうしてたらタラの芽が食べ頃だし、たけのこもわらびもぜんまいもつくしも生えてるし、イタドリもすぐ大きくなるんだろうし、春の旬は待ったなしですよ。世話しなくとも勝手に生えてくれるものは愛してる!

料理するのもそんなに得意じゃないので、とったら半分はお隣のおばちゃんへプレゼント。そうすると、料理された状態で返ってきます。自分で作るよりはるかに美味しいギブアンドテイク。いつもありがとう。

そんな、まわりのみなさんに支えられているわたしと一緒に夏の草と戦ってくれる移住女子、募集中です!

冬の四万十を体感できるのは今だけ! 移住したい女子へ 2020新春お年玉企画

あけましておめでとうございます!
2020年、新しい年にはなにか始めたくなってワクワクしますよね。
今年こそ移住しよう!
田舎暮らしのできるあの場所に行ってみよう!

と、元旦に気持ちを新たにされた方も多いのでは?

まだ何も考えていない、という方も、まずはこの冬、四万十に来てみませんか?
1・2・3月の観光オフシーズンだからこそ、のんびり、ゆったり、だけどガッツリと四万十でできることがあります!

冬の四万十でしか出会えないもの&できないことベスト10

1.透明度の高い四万十川&黒尊川


いつだってキレイな川ですが、冬のころはさらなり。
夏のように台風で濁流になっていることもなく、風がなければ大きな四万十川に冬の澄んだ空がくっきりと映り込んだこんな光景だって簡単に撮れてしまいます!
時期:1~3月

2.ひんやりとした空気の中、冬の朝の散歩は格別

南国土佐と言われつつ、実は意外と寒い四万十。
だけど、冬の朝はやっぱり少し寒いくらいが日本の四季を感じられていいのかも? 寒いのに、陽が当たっている場所はぽかぽかとしていて、太陽のパワーってすごいと実感します。
時期:1~3月

3.雪が降ったら超ラッキー! 年に数回の幸運日

四万十には雪も降るんです。えー南国土佐だって聞いてたのに騙された!
だけど、年に1、2回しかない雪の日に巡り合えたら、それはとても引きがいいとしか言いようがありません。地球の温暖化が進めば、いつか四万十でも雪が降らなくなる日が来るかもしれないし。
時期:1・2月

4.掘り炬燵でのんびり やっぱり鍋かな

冬と言えばやっぱり炬燵でしょ!
12月には移住女子が集まって、鍋パーティーを開催しました♪
ミカンを食べつつ語り合ってもいいし、プロジェクターを出して映画を見てもいいし、ひとりでゆっくり本を読んだっていい。何する? 何したい?
時期:1~3月

5.そうだ 庭で焚火をしよう

家でぬくぬくするだけがあったまる方法じゃないんです。
冬は剪定後の枝がたくさんあるので、燃やして焚火をしつつ、芋を焼くのが定番。炎って見ているだけでなぜか癒されていきます。
時期:1~3月いつでも

6.剪定の技を身に着けよう

柿、文旦、梅、柚子、栗……畑にも庭にも裏山にもたくさん木が植えられているので、冬のあいだは剪定作業がなかなかあるんです。
剪定ばさみやのこぎりの使い方、脚立の上で安全に作業をするコツ、いくらでもお伝えします。女一人だし非力なんで(笑)、できない部分は作業性を工夫したり、近所のおんちゃんや男友達を頼ったり。でも私、意外と剪定作業きらいじゃないんです。
時期:1~3月前半

7.土佐の名産・文旦が食べごろ

12月中に収穫した文旦は、食べごろになる1月下旬から2月頃まで、刈った茅の下に保存しておきます。
せっせと年末に収穫しておきましたので、食べたい人はこの時期にどうぞ!
完全無農薬のほうったらかし栽培です(笑)
時期:1月下旬・2月

8.『ふきのとう』探して採って料理して食べて

畑の横にある『ふきのとう』エリア。今年もきっと生えてくるはず。子供のころは苦手だったあの独特の苦みが、美味しく感じるのは大人になったから?
ふき味噌も作っても美味しいし、揚げたての天ぷらは最高です。
時期:1・2月

9.春の種まきの前に、畑の準備

あったかくなったらすぐに種をまけるように、畑の準備は冬のうちに。そんなに広い畑じゃないですが、ひとりでやろうとしたらなかなか大変です。
管理機で耕してもいいし、地道に鍬を使ってもいいし。今年はどこに何を植えようか? そんな想像を膨らませながら、土作りも大事なお仕事。
時期:3月

10.見つけてください あなただけの冬の楽しみ

まさかのネタ切れか?(笑)いえいえ、私が個人的に楽しんでいることならまだいくつもあるんですけど、きっと、来た人だけが気づく、それぞれの楽しみ方があると思うんです。お餅をついたり、草鞋を作ったり、猪を食べたり、田舎らしいこと、まだまだあります。
冬の四万十を楽しめたら、過ごしやすい春秋はもはや楽園だし、暑い夏は燃えること間違いないです!


私たちの2020年のはじまりに 勇気と冒険を!

私も2020年はいろんなことに勇気をもって挑む年になりそうです。いや、毎年なんですけど、今年はますます楽しく本気で取り組んでいきます。

田舎暮らし、私だってまだ初心者に毛が生えたようなものなので、一緒に手探りでやっていける仲間がほしいし、最近ようやく色んな人とつながりができつつあるな、と感じているので、もし少しでも興味があれば、この機会に勇気をもって踏み出してみてください。楽しい冒険がきっと待っています!


新春お年玉スペシャル価格

  • 1月~3月の期間限定で、宿泊費のみでプチ移住プランを体験していただけます!(通常は宿泊費プラス体験内容によって別途料金が発生)
  • 通常は1週間からのプチ移住プランを、今回は特別に2泊3日で実施します!
  • 個室宿泊料金1泊6000円のところ、1泊4000円になります!
  • つまり、2泊3日8000円で、冬の四万十にプチ移住ができるというわけです(食費は別途)
  • さらに、もっと四万十で過ごしたい!という方のため、3泊目はプラス2000円で、4泊目はプラス1000円で滞在していただけます。
  • せっかく遠方から来られるなら、じっくり冬の四万十生活を満喫してもらいたいので、大盤振る舞いのこの価格です。

1月15日までのお申し込みで『桐島畑のジンジャーシロップ』プレゼント

新年なので!(笑)1月15日までにお申し込みされた、スピード感と勇気を兼ね備えた女子には、私もバイトに行っている有機農家さん『桐島畑のジンジャーシロップ』をプレゼントします!
原料は四万十の生姜と粗糖だけ。お湯で割ってホットジンジャーや、紅茶に入れたり、温めた牛乳で割ったり、いろんな方法で楽しめます。寒い冬には欠かせない一品です。女子に冷えは大敵!


当企画は終了しました。ありがとうございました!

四万十で紅葉を見るなら黒尊渓谷

いまだに昼間は日差しの強い高知県ですが、さすがに朝晩は冷えるようになってきました!過ごしやすい行楽シーズンです。
もうすぐ紅葉も見頃になる、黒尊渓谷(くろそんけいこく)に遊びにきてみませんか?

GUESTHOUSEオキオカのある口屋内集落から、黒尊川沿いにずっと上流へ。
愛媛県の県境も近い、黒尊渓谷の神殿橋(じんでんばし)周辺では、見事な紅葉を見ることができます。

天気のいい週末には、神殿橋にたくさんの人が訪れます。
一年で一番、黒尊に人が集まるころですね。

東屋もあるので、お弁当を買ってピクニック気分も気持ちいいです。
町中よりもすこし気温は低いので、防寒はしっかりと。

週末は移動販売のお店が出ていることもありますが、基本的に周辺にお店や自動販売機はありませんのでご注意ください。


黒尊親水公園をすこし過ぎたあたりから、携帯電話は圏外です!

通話が「不可」というのは通話してはいけないという意味ではなく、「不可能」という意味ですので悪しからず(笑)

ちなみにこの看板、親水公園から神殿橋までの道のどこかにあるんですが、見つけられたらレアかもしれません。覗き込んだ下の黒尊川の水がとてもきれいです。

山頂までいくとまた電波が入るようになりますが、落石によるパンクなどにご注意ください。

年の「黒尊むら祭り」は11月9日(土)

黒尊神社と奥の院のちょうど間くらいの位置にある「黒尊親水公園」で、毎年恒例となっている地元主催の紅葉祭り。毎年大盛況です!

今年も紅葉の見頃とうまく重なるといいのですが、例年よりも暖かいので、紅葉が遅くなるかも?なんて話も聞こえている今日この頃です。


四万十川と黒尊川の交わるところが見える時

9月も雨が多いですねー。

赤鉄橋から見える四万十川

↑の写真は去年の6月に大雨が降った後の四万十川です。

かろうじて奥のほうに口屋内沈下橋が見えているので、そこまでひどい増水ではなかったのかな。

橋がまったく見えなくなることもあります。去年7月の西日本豪雨のときとか今年のお盆とか。

見ていただきたいのは写真の真ん中、川の左端のほう。少しだけ、川の色が青みがかっているのがわかりますか?

ここが『黒尊川』の水が流れ込んでいる箇所です。

翌日の四万十川

↑は翌日、同じ場所から撮った四万十川です。
四万十川もかなり青緑になっていますが、写真中央、川の左側がより濃い青色になっています。

大雨で増水しても、黒尊川はすぐ透明なきれいな川に戻るので、色の違いがくっきりと分かれて見えるんです。

同じ日の黒尊川

↑同じ日、同じ時刻、黒尊川はすでにこの透明度。

天気が悪いとガッカリしてしまいますが、雨の日にしか見られない景色もあります! 雨続きのあと、晴れた時の気持ちよさは格別ですけどね。

口屋内のコンビニ『竹村鮮魚店』をご利用ください

GUESTHOUSEオキオカの近くには大きなスーパーやコンビニはありませんが、口屋内住民が便利に利用している『竹村鮮魚店』さんがあります。

営業時間は13時~18時頃まで。日曜日は定休日です。

鮮魚店と言いつつ、お惣菜、野菜、カップラーメン、パン、お菓子、ビール、アイスクリーム、花の苗まで!色んなものが買えます。

是非ご利用ください!

竹村鮮魚店

所在地:高知県四万十市西土佐口屋内76-8

四万十川でカヌーレンタルするなら『シマムタ共遊国』

GUESTHOUSEオキオカと同じ口屋内集落にある、カヌーレンタル屋の『シマムタ共遊国』さんのご紹介です。

『国王 平塚仁』と書いてあります(笑)

レンタルなので、インストラクターは付きませんが、 川遊びを自分たちのペースで楽しめます。
貸し出し前に乗り方のレクチャーと練習をさせてくれるので安心♪

前日の夕方頃までに予約しておけば、翌日の朝にはゲストハウスまで国王自ら迎えに来てくれます。

左が国王の平塚仁さん。海外からのお客さんへの対応も◎

申込書に必要事項を記入してから、川下りのスタート地点へ出発。

終わったら、指定された河原にカヌーを置いておけばOK。

ゴール地点を口屋内にしておけば、河原からゲストハウスまでは歩いて帰ってくることができます。

川下りが不安な人は、口屋内大橋周辺をカヌーで漕ぐだけでも四万十川を楽しめますよ。

せっかく四万十に来たなら川遊びをしないとはじまらない!

なにより川から見る風景は、道路から見るのとは全然違います!

江川崎~中村まで四万十川沿いにある国道441号線を車で走ると、実は木々に遮られて、四万十川はほとんど見えません。

でも、カヌーに乗って川から見ると、木々に遮られて車やガードレールなどの人工物が見えないことで、より自然の中にいる実感が増します。

シマムタ共遊国さんより提供。このとおり人工物のない景色

是非、川目線からの四万十川もご自分の目で確かめて見てみてください。

シマムタ共遊国 カヌーレンタル

予約・問い合わせ

HP: http://shimamuta-07.sakura.ne.jp/

所在地:高知県四万十市西土佐口屋内584

料金/

一日の使用料(一艇につき)

・カヤック 川下り4,500円 口屋内大橋付近のみの場合3,000円

・二人艇カナディアン 川下り7,000円 口屋内大橋付近のみの場合4,000円

詳しくはシマムタ共遊国さんへ直接お問い合わせください。

夏の川遊びは黒尊川がオススメ

ようやく梅雨入りしましたね!しばらく雨の日が続きそうです。

7月に入ったところで、そろそろ夏休みの計画を立てている方も多いのでは?むしろ遅い?
いえいえ、まだ間に合います! 今年の夏は、黒尊川へ来てみませんか?

黒尊川のここがイイ!

私の独断と偏見で、黒尊川のオススメポイントをまとめました。

  • 四万十川の支流の中でも一番透明度が高い!
  • 水が冷たくて気持ちがいい♪
  • 水辺に降りられる12の遊歩道がある
  • 子供も安心して泳げる
  • 誰も来ないプライベートリバーサイド
  • カヌーやラフティングの穴場
  • 手長エビが摑み取りできる!?

四万十川の支流の中でも一番透明度が高い!

四万十川にある35の主な支流の中で最も透明度が高いといわれているのが“黒尊川”です。
とにかく実際に見ていただくのが一番ですが、定期的に行われる水質調査でも、清流度の数値はダントツなんです。


水が冷たくて気持ちがいい♪

四万十市西土佐の江川崎地区 が41度を記録して「日本一暑いまち」になったのは2013年8月のことだそうで。
確かに高知の夏はめっちゃ暑い! 暑いけれど、黒尊川沿いは木陰があるおかげか、暑い夏でもどこかさわやか。上流のほうにいくと、気温も2,3度は低く、日の当たらない水辺は少し寒いくらいに感じることもあります。
もちろん水もひんやりと冷たくて気持ちがいいので、暑い日にはとりあえず川へ!

木陰のある河原に座って川を眺めながら、のんびり涼むだけでも暑さがやわらぎますね。

水辺に降りられる12の遊歩道がある

黒尊川沿いの道路から水辺へと降りられる場所に、“しまんと黒尊むら”さんによって設置された遊歩道看板があります。地元住民によって、遊歩道周辺の草刈りや水辺林の間伐などがされているからこそ、きれいな黒尊川を楽しむことができるんです。

子供も安心して泳げる

黒尊川は水深が浅い場所がたくさんあるので、特に下流では小さなお子さんも安心して水遊びを楽しめる箇所がたくさんあります♪

とはいえ、深くなっている箇所もありますし、増水している時などは危険なのでくれぐれも安全第一で楽しんでください。

誰も来ないプライベートリバーサイド

黒尊川は川遊びにはもってこいですが、下流でも十分に水がきれいで楽しめるので、わざわざ上流までは行かない人が多いようです。でも是非、上流にも行ってみることをオススメします!

ゲストハウスのある口屋内から黒尊川沿いに車で20~30分も行けば、誰も訪れないプライベートリバーで遊ぶことができます。

特に「奥屋内下遊歩道」はロープをつたって降りるので、まず人がいません!看板もわかりにくい!あえて見つけにくくしているのかと思うほど…。穴場中の穴場なのは間違いありませんね。降りるときはくれぐれもご注意ください。

カヌーやラフティングの穴場

広く雄大な四万十川でのカヌー体験は定番ですが、黒尊川でもカヌーやラフティングが楽しめます。ただし、水量が多いときでなければできないので、その辺はお天気と運次第。川の上からは、ふだんは決して見られない景色が見られます。

手長エビが摑み取りできる!?

黒尊川には美味しい川エビがいます。
手掴みしたよ!という報告が、黒尊川を仲間とパックラフティングで楽しんでいたうちの父からありました(笑)
川がきれいで透明だから、水の中の川エビを発見できたんでしょうね。周辺の川漁師さんたちからは、今年はあまり川エビが獲れないとも聞きますが、果たして…?

アユやウナギ、ツガニなど漁業権がなければ獲ってはいけない生き物もいますのでご注意ください。

黒尊川のオススメはまだまだあります。ちょっとずつご紹介していこうと思います!

GUESTHOUSEオキオカへの道順

中村方面から国道441号線を通ってくると、大きな赤い橋(口屋内大橋)の下をくぐります。ただし夜だと気づかないことも多いです。

くぐってすぐに道が広くなって開けるので、ぐるっと大きく右折して黒尊渓谷のほうへと坂を上ります。
左手前方にある建物は口屋内郵便局です。

右折します。黒尊渓谷のほうへ。

赤い橋(口屋内大橋)を渡ります。

橋から見える両側の景色は最高です。右手側は口屋内沈下橋が見えます。
夜はなにも見えません。

橋を渡り切ったら突き当りを右折します。

途中でこんな看板があります。そのまま道なりで進みます。
夜はあまり外灯がなくて暗いですが、恐れず進んでください。

天皇橋を渡ります。

橋を渡ったら右折します。

酒井酒店を通り過ぎ、さらに道なりに200メートルほど進みます。
このあたりも外灯が少ないので夜は不安になるところですが、進んでください。

カーブミラーとゴミ捨て場のあるところを左折します。
↓の写真では見えませんが、カーブの向こう側に、目印の看板も設置してあります。
見えにくいですが、左手斜め上には神社の鳥居があります。

左上に見えるかもしれない鳥居。

目印の看板。少し狭いですが、左側の道をのぼってください。

右手に田んぼを見ながらずっと上っていきます。
小学校とプールが見えたらゴールです。
突き当りの小学校のすぐ手前の家(左側の畑の上)がゲストハウスです。


ACCESSページもご覧ください。

GWありがとう!めんそ~令和

もっと早くに書きたかったんですが、GW10連休おかげさまでほぼ満室ありがとうございました!
全然宣伝もできてない状況でよくぞ見つけて来てくださって…!ほとんどAirbnbだったんですが、あれも登録したてでひとつも評価ついてないのに勇気をもって飛び込んできてくださって感謝です。

GWなので当然どこも宿がいっぱいで、初めてAirbnbを使ったというゲストさんが多かったようで(もちろんゲストハウスも初めてで)、そんな中でうちに来てくれたことがなんだかうれしかったです。
Airbnbやゲストハウスも案外楽しい、と思ってもらえたら何よりだなー。そういえば、私の初めてのゲストハウスは「かつおゲストハウス」さんだったな!

GWの様子はだいたいインスタグラムで流したとおりで、ゲストさんも老若男女海外いろいろでほんと面白かったです。
英語はできんけど伝わると嬉しいのでもうちょっとなんとかしたい~とりあえずグーグル翻訳アプリを入れました。これでもうこわくない。

四万十に観光に来る人とかかわったことって実はあんまりなくて、なので今回ほんとうにみんな色んなこと求めてくるんだなぁってのが知ることができてそれも面白かったです。こんな楽しみ方できるよってのもこのブログでも紹介していきたい。

四万十はまだまだこれからがいい季節!ほんまにいいところなんで四万十においでよ!

ゲストハウス2階からの四万十川と赤い橋と田植え待ちの田んぼ

とりあえず私はGW中ほったらかしだった草刈りに追われてます。